課題をスケジューリングする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

You can schedule issue due dates in Jira Service Management to help your agents prioritize incoming customer requests and find overdue issues that need urgent attention. The powerful scheduling feature allows you to perform fixed and relative date searches based on specific due dates as well as arbitrary search periods. You can also perform advanced searches using Jira Query Language.

課題をスケジューリングする

課題のスケジュールを作成するには、期限日付フィールドを生成します。これは課題の作成時、または後の段階で課題の編集によって実行できます。

課題のスケジュール作成を有効にするには、Jira 管理者が 1 つ以上のグループまたはプロジェクトロールに課題のスケジュール作成権限を与えておく必要があります。課題のスケジュール作成権限を持つユーザーのみが期限日付フィールドに値を入力できます。

期限で検索する

ベーシック検索または詳細検索を使用して、 期限による課題検索を行うことができます。

簡易検索を使用する

課題ナビゲーターの検索フォームを使用して、課題を検索できます (課題を検索する を参照してください)。期限日付フィールドをもとにして課題を検索する方法は 2 種類あります。最初の方法では指定の日付値を使用し、第2の方法では現在の日付に相対的な期間を使用します。

指定日検索

検索フォームには、期限日付フィールドを基準にして検索できるテキストフィールドが 2 つあります。

  • 期限が特定の日付以降の課題をすべて検索するには、「期限が次の日付以降」テキストフィールドに日付を入力します。たとえば、期限が 2010 年 6 月 1 日以降の課題をすべて検索するには、「期限が次の日付以降」フィールドに 1-6-2010 と入力します。また、フィールド右側のカレンダーアイコンをクリックして、表示されるカレンダーポップアップで日付を選択することもできます。
  • 期限が特定の日付以前の課題を検索するには、「期限が次の日付以前」テキストフィールドに日付を入力します。たとえば、期限が 2010 年 7 月 1 日以前の課題をすべて検索するには、「期限が次の日付以前」フィールドに 1-7-2010 と入力します。

2 つの日付の間に期限がある課題を検索するには、「期限が次の日付以降」と「期限が次の日付以前」フィールドの両方に入力します。

相対的期間検索

検索実行時を起点とする相対的な期間を対象に検索を実行できます。たとえば、期限が現時点から 7 日以内の課題を検索できます。これを実行するには、課題ナビゲーターの「期限が次の日以内」テキストフィールドに 7d と入力します。検索を保存して翌日に実行すると、期限が検索実行時から 7 日以内の課題が取得されます。したがって、検索実行のたびに、期限が 1 週間以内のすべての課題を見つけることができます。

「期限が次の日以降」および「期限が次の日以前」フィールドに入力する値は、特別な構文に従う必要があります (以下を参照)。ただし、「期限が次の日以前」テキストフィールドの右のアイコンをクリックして、期限ポップアップを使用し、検索期間を指定することもできます。

期限ポップアップ

期限ポップアップは次のような場合に使用します。

  • 検索時に期限切れとなっている課題を検索するには、最初にラジオボタンを選択し、OKをクリックします。
  • 期限切れになってから特定の日数以上が経過している課題を検索するには、2 列目にテキストフィールドを生成し、OKをクリックします。
  • 今後指定した日数以内に期限を迎えるが、検索時点では期限切れとなっていない課題を検索するには、3 列目のテキストフィールドに日数を入力し、3 列目の選択ボックスから and not を選択します。ラジオボタンを選択し、OK をクリックします。
  • 今後指定した日数以内に期限を迎える課題と、検索時点で期限切れとなっている課題を検索するには、3 列目のテキストフィールドに日数を入力し、3 列目の選択ボックスから and を選択します。ラジオボタンを選択し、OK をクリックします。
  • ポップアップの 4 列目は任意の期間の検索に使用します。次の日付まで テキストフィールドを使用して検索の上限を指定し、次の日付から テキストフィールドを使用して検索の下限を指定します。空白のテキストフィールドは期間がないことを示します。4 列目のテキストフィールドへの入力は、実際は「期限が次の日付以降」および「期限が次の日付以前」テキストボックスへの入力と同じ効果があります。構文は次のようになります。

相対期間検索構文

「期限が次の日付以降」および「期限が次の日付以前」フィールドは特別な構文を使用して、期間範囲を表します。構文では、数字の後に続けて、数字が意味する内容を表す省略語を記述します。省略語は、"w" が「週」、"d" が「日」、"h" が「時間」、"m" が「分」を表します。たとえば、今後の 10 日間を示すには "10d" または "1w と 3d" を使用します。過去の期間を指定するには、値の先頭に "-" 記号を付けます。たとえば、2 日 4 時間 3 分前を示すには、"-2d 4h 3m" と記述します。

高度な検索を使用する

Jira クエリ言語( JQL )を使用して、期限で課題を検索することもできます — 高度な検索 、特に期限 フィールドに関するドキュメントを参照してください。

最終更新日 2021 年 1 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.