Jira アプリケーションの概要

Jira Service Management のインストール

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Service Management licensing overview

The Jira family of applications (Jira Software, Jira Service Management, Jira Core) are built on the Jira platform and can be used in any combination on the same instance. Depending upon of your setup, users can be licensed to one, all, or any combination of these applications. Read on to understand how Jira Service Management licensing and roles affect what agents, customers, and other Jira application users can do.

あなたが Jira の管理者の場合、ライセンスやアプリケーション アクセスに関する詳細な情報をご確認ください。

アプリケーションの特徴とプロジェクト タイプ

それぞれのアプリケーションはそれぞれの利用用途にあわせたエクスペリエンスを提供し、プロジェクトタイプに合わせたアプリケーションの特性を持ちます。下記はプロジェクトタイプとそれぞれに結びついたアプリケーション機能のリストになります。

アプリケーションプロジェクト タイプアプリケーション固有の機能セット
Jira Core

ビジネス プロジェクト

  • すべてのライセンスユーザーが利用できます
Jira Software

ソフトウェア プロジェクト

  • 開発ツールとの連携
  • アジャイル ボード
  • ソフトウェアバージョンのリリースハブ
Jira Service Management

サービス プロジェクト

  • サービス レベル アグリーメント (SLA)
  • カスタマー向けのカスタマイズ可能な web ポータル
  • カスタマーによるアクセスを許可する権限スキーム

All users that can log in to a Jira instance will be able to see all the projects in that instance (pending permissions), but they will only be able to see the application-specific features when they have application access. For example, a Software project is able to display information from linked development tools, such as Bitbucket and FishEye, as well as agile boards, but this information is only viewable by a Jira Software user. A Jira Core user would be able to see the Software project, but would not be able to see the Software-specific features, like agile boards or the information from linked development tools. Likewise, a Jira Software user would not be able to see any Jira Service Management application-specific features on a service project, only a basic view of the project and its issues.

  • Jira 管理者だけがインストールされたアプリケーション用のプロジェクトを作成できます。Jira 管理者は、プロジェクトを作成するためにアプリケーションにアクセスする必要はありませんが、プロジェクトの表示や使用には、アプリケーションにアクセスする必要があります。
  • 匿名ユーザーは Jira Core ユーザーと同じアクセス権を持ちます。つまり、匿名ユーザーは課題を表示したり、あらゆる種類のプロジェクトでの作業が可能ですが、アプリケーション固有の機能 (例: Jira Software 固有の機能であるアジャイル ボードなど) を見ることはできません。詳細については、「インスタンスへの匿名アクセスの許可」を参照してください。


アプリケーションの一覧、アプリ毎のユーザーのロール、プロジェクトアプリ特有の機能は以下の通りです。




Jira Core
Jira Software
Jira Service Management



Jira Core ユーザーJira Software ユーザーJira Service Desk エージェントカスタマー

Service Projects









プロジェクト レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)

表示

(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
課題レベル


作成
(error)
(error)
(tick)
(tick)
表示
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
コメント
(tick)
(tick)
(tick)
(tick)
トランジション
(error)
(error)
(tick)
(error)
SLA レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)
キュー レベル作成
(error)
(error)
(tick)
(error)
表示
(error)
(error)
(tick)
(error)
Jira Service Management ガジェット表示
(error)
(error)
(tick)
(error)

最終更新日 2021 年 1 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.