Setting up service project reports

レポートを使用すると、チームは、受け取ったリクエストの数とタイプやそれらの解決方法などの、プロジェクトの傾向を確認することができます。すべてのチーム (特に SLA を使用するチーム) でレポートを使用することをおすすめします。SLA のレポートについての詳細はこちらをご覧ください。

レポートを表示または作成するには、サービス デスク プロジェクトのサイドバーから [レポート] を選択します。レポートの作成または編集を行うには、プロジェクト管理者である必要があります

レポートの JQL フィルターで優先度を使用する場合、これらのフィルターに、関連する優先度スキームで定義済みのすべての優先度が含まれていることを確認してください。詳細は、「優先度とプロジェクトの関連付け」を参照してください。


このページの内容

作成されたリクエストと解決されたリクエストの比較

サービス チームの正常性を測定する最も一般的な方法は、受け取ったリクエストの数と、チームが解決できる要求の数を比較することです。

このような解決状況の傾向を使用すると、次のような疑問に回答することができます。

  • 今週のリクエストの増大は一時的なものなのか、なんらかの傾向の一部なのか。
  • 問題解決よりも問題発生のほうが多いサポートを提供していないかどうか。
  • Is our service project scaling with our business or do we need to add staff?

We include this report by default because it's the quickest way to check the health of your service project. You can find the other default reports in the Reports sidebar.

作成されたリクエストと解決されたリクエストを比較するには、次の手順を実行します。

  1. From your service project, go to Reports.
  2. サイドバーで [作成済み vs 解決済み] レポートを選択します。
  3. グラフの下のドロップダウン フィールドで、対象の日付範囲を選択します。
  4. テーブル内の番号をクリックすると、個別のリクエストにドリルダウンします。

右上にある [CSV エクスポート] を選択して、データセットの CSV レポートを作成することもできます。 


Default Jira Service Management reports

以下は、デフォルトで含まれているレポートです。

レポート名

詳細

ワークロードエージェントに割り当てられているリクエストの数です。
SLA 目標設定した各 SLA 目標に対する、チームのトラッキング状況
Satisfactionチームに対する平均顧客満足度
記事の利用状況

カスタマーがポータルでナレッジ ベース記事を閲覧し、役に立ったと評価した回数

(tick) グラフの下の表の数字をクリックして、リクエストを解決した記事、およびそれぞれのビュー数 (およびその他の便利なメタデータ) を確認します。

記事の有効性

ナレッジ ベースの記事を使用しておよび使用せずに解決されたリクエストの数

(tick) グラフの下の表の数字をクリックして、エージェントが共有した記事、記事を使用せずに解決したリクエスト (およびその他の便利なメタデータ) を確認します。

作成済 vs 解決済作成済みのリクエストの数と解決済みのリクエストの数を経時的に比較します。
解決までの時間リクエストの種類や優先度ごとに、解決するのに要した時間を比較します。
SLA 成功率SLA 目標を達成したリクエスト数と、不履行に終わったリクエスト数を比較します。
コンポーネント別の解決状況各コンポーネントの解決時間を比較します (基本的なサービス デスクのみ)。
優先度別のインシデント レポートカスタマーが報告したインシデントの優先度を比較します (IT サービス デスクのみ)。

上記以外に、さらに掘り下げることができます。なぜこのようなパフォーマンスになっているのでしょうか。ご利用のサービスデスク用にカスタム レポートを作成してこの疑問を調査しましょう


カスタム レポートの作成

系列を定義するカスタム レポートによって、パフォーマンスの背景をさらに確認することもできます。

シリーズは、レポートの作成に使用される一連のデータ ポイントです。たとえば、過去一週間の 1 日目、2 日目、3 日目などに受け取ったリクエストの数をシリーズにすることができます。これにより、週の各曜日に受け取ったリクエストの数の違いを比較することができます。シリーズは単体でもそれぞれの傾向を表しますが、まとめて図式化することでより強力になります。


カスタム レポートを作成する方法

  1. From your service project, go to Reports.
  2. 新規レポートを選択します。
  3. 自身やチームで理解しやすいレポート名を選択します。たとえば、優先度が高い課題のデータを示すレポートに「高優先度の課題」と設定できます。
  4. [シリーズの追加] をクリックします。
  5. シリーズラベル、および任意でフィルタを入力します。
  6. [追加] をクリックします。
  7. シリーズを追加して値を比較します。
  8. 作成をクリックします。

以下の推奨レポートを確認し、組織に役立つレポートをご確認ください。さまざまな系列と、関連する JQL フィルタを活用できます。JQL を使用した詳細検索についてご確認ください。


顧客満足度レポート

One of the best measures of performance is your customers' happiness. Jira Service Management comes with reports on customer satisfaction, but a custom report can help you find more trends. First, be sure to collect customer satisfaction information on your requests. Learn how to enable customer satisfaction feedback.

顧客満足度の平均値のシリーズを使用して、チームのパフォーマンスを確認します。たとえば、課題タイプを使用して、ビジネスのセクションを調査することができます。

顧客が満足できているかどうかを確認するレポートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. From your service project, go to Reports.
  2. [新規レポート] をクリックします。
  3. [名前] に「顧客満足度」と入力します。
  4. 次のシリーズを追加して、[作成] をクリックします。
  • 系列 = 平均評価
  • ラベル = バグ
  • フィルタ(詳細) = 課題タイプ = "バグ"


  • 系列 = 平均評価
  • ラベル = フィードバック
  • フィルタ(詳細) = 課題タイプ = "フィードバック"
  • 系列 = 平均評価
  • ラベル = サポート
  • フィルタ(詳細) = 課題タイプ = "サポート"


  • 系列 = 平均評価
  • ラベル = 新機能
  • フィルタ(詳細) = 課題タイプ = "新機能"


これにより、興味深い結果が得られる場合があります。たとえば、機能リクエストへの対応に顧客は満足しているが、請求のリクエストについては不満があるような場合があります。レポートでデータ ポイントを選択すると、"支払い" や "クレジット カード" などの特定の単語を見つけることができます。

このような詳細情報により、顧客が困っている内容を確認できます。組織で使いやすい請求フォームを用意する必要があるかもしれません。または、製品やサービスの価格や利用可能なクレジット カードをわかりやすく説明するようにすることができるかもしれません。



チャネルごとに作成されたリクエストのレポート

カスタマー ポータルよりもメールでリクエストが送られてくることが多い場合など、顧客がどのようにリクエストを送信しているかを監視することで、有益な情報を得られる場合があります。管理者はレポートを作成し、各チャネルでカスタマーが作成するリクエストの数を確認できます。

ポータルおよびメールによって送信されたリクエストを追跡するレポートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. From your service project, go to Reports.
  2. [新規レポート] をクリックします。
  3. [名前] に「チャネルごとに作成されたリクエスト」と入力します。
  4. 次のシリーズを追加して、[作成] をクリックします。

  • 系列 = 作成元
  • ラベル = メール
  • フィルタ(詳細) = リクエスト チャネル タイプ = メール


  • 系列 = 作成元
  • ラベル = ポータル
  • フィルタ(詳細) = リクエスト チャネル タイプ = ポータル

  • 系列 = 作成元
  • ラベル = 顧客の代理のエージェント
  • フィルタ(詳細) = リクエスト チャネル タイプ = Jira

最後のシリーズは、ポータル外でエージェントが起票した課題を表します。

顧客のリクエスト方法を確認すると、意外な事実が見つかる場合があります。エージェントが顧客の代わりに大量のリクエストを起票している場合、顧客をポータルまたはメール チャネルに転送する方法を検討できます。これにより、エージェントは課題の起票よりも課題の解決に時間をかけることができます。


課題タイプ別の平均解決時間レポート

Jira Service Management tracks requests by time. The time it takes your team to resolve a type of issue can show trends in your teams' efficiency.

課題タイプごとの平均解決時間を確認するレポートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. From your service project, go to Reports.
  2. [新規レポート] をクリックします。
  3. [名前] に「課題タイプごとの解決状況」と入力します。
  4. 次のシリーズを追加して、[作成] をクリックします。
  • 系列 = 解決時間(平均)
  • ラベル = 一般的なリクエスト
  • フィルタ条件 (詳細) = "Customer Request Type" = "General requests"


  • 系列 = 解決時間(平均)
  • ラベル = IT ヘルプ
  • フィルタ(詳細) = "顧客リクエスト タイプ" = "IT ヘルプ"
  • 系列 = 解決時間(平均)
  • ラベル = 承認によるリクエスト
  • フィルタ条件 (詳細) = "Customer Request Type" = "Request with approval"

You may find that IT help requests take more of your teams' time than general requests. Take into account how many IT help requests come through your service project. With this info, you can better divide your agents, and their time, to make your customers happier.


地域別のトレンド レポート

複数の拠点でサービスを提供している場合、地域ごとのパフォーマンスを表示することで、ノイズをカットすることができます。まず、リクエストにラベルを追加して分類し、地域ごとに並べ替えられるようにします。

For example, if your business operated in New York and Rio de Janeiro, your service project agents can add a location label to requests from each region.


各拠点からのリクエストの数を確認するレポートを作成するには、次の手順を実行します。

  1. サービスデスク プロジェクトから、[レポート] に移動します。
  2. [新規レポート] をクリックします。
  3. [名前] に「地域ごとのリクエスト」と入力します。
  4. 次のシリーズを追加して、[作成] をクリックします。
  • 系列 = 作成元
  • ラベル = ニューヨーク
  • フィルタ(詳細) = ラベル = ny

  • 系列 = 作成元
  • ラベル = Rio
  • フィルタ(詳細) = ラベル = rio

If you see an increasing trend in one location, you may decide to shuffle around resources. Maybe you've opened a new location without a dedicated service project team member, and the new location finds it difficult to ramp up operations. Perhaps you need to send someone to provide training? Or, maybe there's a language barrier with your knowledge base. You may consider providing support articles in more than one language.

You might see the opposite, a decline in requests coming from one location. Are people abandoning your service project? Do you need to make it clear that the service project operates for all locations?

最終更新日 2020 年 11 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.