例: 期限に基づく SLA の作成

ここでは、指定した期日を過ぎるまでタイム カウンターを停止させる、より動的な SLA を作成する方法の例を紹介します。チームが未来の特定の日付まで作業を開始できない場合、このように SLA をセットアップします。たとえば、新入社員が入社したときの PC のセットアップなどの例があります。

この SLA をトリガするには、[課題タイプ] 画面で、[期限] フィールドを表示するように構成し、課題の作成時に [期限] フィールドを設定します。これをセットアップする方法については、「課題タイプ フィールド値の定義」を参照してください。

SLA 設定例

サポートはすべてのハードウェア リクエストを 24 時間以内に解決しようとしています。予定された期限にサプライヤからハードウェアを受け取るまで SLA を一時停止し、期限が過ぎたら SLA の一時停止を解除します。その他すべての課題には 24 時間という同じ対応時間の目標が設定されています。

See the image below for how you could set up this SLA in Jira Service Management:

最終更新日 2020 年 11 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.