リクエストタイプに起因する問題のトラブルシューティング

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、サービスデスクにリクエストタイプを設定するときに生じる可能性のあるエラーや問題について説明します。

課題ソリューション

メールチャネルのデフォルトのリクエストタイプであるため、このリクエストタイプは削除できません。

詳細説明

リクエストタイプを削除しようとしてこのエラーが表示された場合、サービスデスクのメールチャネルは、メールからのすべてのリクエストにこのリクエストタイプをデフォルトとして使用しています。Jira Service Deskが、関連付けられているメールアカウントからメールをプルしてリクエストを作成すると、このリクエストタイプが自動的にそのリクエストに割り当てられます。

Jira 管理者は、メールによるリクエストに使用する既定のリクエストタイプを別のリクエストタイプに変更できます。これを行うには、サービスデスクで、プロジェクト設定 > メール設定 に進みます。メールチャネルの設定に関する詳細は、メールによるリクエストの受信 を参照してください。 

このリクエストタイプはメールチャネルのデフォルトであるため、非表示フィールドを表示したり、オプションフィールドを必須にすることはできません。

詳細説明

Jira Service Desk は、サービス デスクに関連付けられているメール アカウントに送信されたメールから新規リクエストを作成するとき、メールの件名を要約フィールドに、本文を説明フィールドにコピーします。その他のフィールドも必要な場合、Jira Service Desk はメールを解析して正しい値をフィールドに配置することができません。

次のオプションがあります。

  • 非表示フィールドを表示したい場合は、オプションフィールドにします。 
  • 別のリクエストタイプを使用するには、Jira 管理者にメールチャネルの既定のリクエストタイプの変更を依頼し、その後、ご使用のリクエストタイプを変更して必須フィールドを追加します。適当な既存のタイプが存在しない場合、そのメールチャネル用に新たにリクエストタイプを作成することもできます。メールチャネルの設定に関する詳細は、メールによるリクエストの受信 を参照してください。

エージェントビューでリクエストタイプが「一致するものがありません」と表示されます。

詳細説明

JIRA Service Desk では、サービス デスクのリクエスト タイプは PortalKey/RequestTypeName 値と共に保管されます。たとえば、「HelpDesk」カスタマーポータルで作成された「New Feature」リクエストは、HelpDesk/NewFeature 値を持つことになります。このリクエストを新しいプロジェクトに移動すると、HelpDesk/NewFeature 値は、その新しいプロジェクトのカスタマーポータル名およびリクエスト タイプ値と一致しなくなります

次のオプションがあります。

  • 単一の課題を新しいプロジェクトに移動する場合、サービスデスクのリクエストタイプフィールドを編集して正しいリクエストタイプを入力します。
  • 課題のグループを移動する必要がある場合、既存プロジェクトで同じ課題タイプを持つ課題を検索してから、一括編集ウィザードを使用します。次に、 カスタマーリクエストタイプの変更 にチェックマークを付け、課題のこのグループに適用するリクエストタイプを選択します。
最終更新日 2020 年 5 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.