チームのキューを設定する

簡単に設定できるサービスデスク キューを使用して、チームが適切な時に、適切なリクエストに取り組めるようにします。キューとは、チームに表示されるフィルタリング済みの課題のセットです。 プロジェクトの既定のキューを使用するか、カスタムキューを作成してリクエストの選別時間を節約し、エージェントが対応する必要のある受信カスタマーリクエストの数やタイプの可視性を高めます。

キューを設定するにはプロジェクトの管理者である必要があります。

このページの内容

キューは、サービス デスク プロジェクトの [キュー] () タブでセットアップできます。

新しいキューを作成する

新しいキューの作成時に、サービス チームの作業を容易にするために、キュー名、フィルタリングされてこのキューに入れられる課題、キューに表示される列を選択できます。以下に新しいキューの作成方法を示します。 

  1. サービスデスクプロジェクトのサイドバーからキュー 新しいキューを選択します。 
  2. チーム内で通じる言葉を使用して、キューに名前を付けます (「今週期限の課題」など)。 
  3. 簡易検索ビューでドロップダウン オプションを使用して、このキューで表示する課題を選択します。

    高度な検索ビューを選択して Jira クエリ言語 (JQL) 文を入力することもできます。 
  4. 列を追加または削除して、課題キーや課題の作成日など、キューに表示される課題情報の内容を制御します。
  5. 作成を選択します。"表示する課題" で選択された基準に合うプロジェクト内に既存の課題がある場合、これらの課題は新しいキューに表示されます。 

キューを管理する

キューの並べ替えや削除は、キュー サイドバーの上にマウス ポインターを置き、管理を選択することでいつでも実行できます。表示されるキューの管理ダイアログボックスで、各キュー内の課題の数を確認したり、キューをドラッグ&ドロップして並べ替えることができます。

設定したいキューを選択し、右上隅のキューの編集を選択すると、既存のキューを編集できます。キュー名、表示する課題、列、列の順序を編集できます。キューの設定中、このキューに表示される更新済み課題の最新のプレビューを確認できます。 

キューでフィルターを使用している場合、そのフィルターに、関連する優先度スキームで定義済みのすべての優先度が含まれていることを確認してください。詳細は、「優先度とプロジェクトの関連付け」を参照してください。

チームでのキューの使用方法

キューは、チーム全体で完了する必要がある作業の単一ビューをエージェントに提供します。エージェントはサービスデスク プロジェクト内のすべてのキューを表示できますが、キューの作成または編集はできません。 

最終更新日 2020 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.