サービスデスクの既定のプロジェクト設定

このページは、カスタムフィールド、権限、データベース テーブルなど、サービスデスク プロジェクトに関する既定の設定を参照するページとしてご利用ください。 

カスタム フィールド

Jira Service Desk では、必要に応じて、次のカスタムフィールドを作成できます。

カスタム フィールドタイプ注意
Viewport Originリクエストがカスタマーポータルで作成された場合、「ポータル」および「リクエストタイプ」を格納する文字列。課題をサービスデスク リクエストとして扱うには、このフィールドが必要です。
解決までの時間SLA フィールド、JSON フォーマットで保存このフィールドは、リクエストが解決されるまでの時間を示す SLA 情報を保存します。詳細については、SLA を設定する を参照してください。
顧客リクエスト タイプ文字列課題をサービスデスク リクエストとして扱うには、このフィールドが必要です。

リクエストタイプ、課題タイプ、ワークフロー

既定の課題タイプ、リクエストタイプ、ワークフローは、それぞれのサービスデスク プロジェクト タイプによって異なります。新しいサービスデスク プロジェクトを作成する時、プロジェクト設定メニューからリクエストタイプ、課題タイプ、ワークフローを選択することにより、これらの既定値を表示できます。 

プロジェクト権限

Jira Service Desk のインストール時に、Jira Service Desk エージェント アクセスと呼ばれるプロジェクト権限が作成されます。サービスデスク プロジェクトまたはその機能へのフルアクセスが求められるユーザーには、この権限が必要です。 

このページでは、標準の JIRA サービスデスクプロジェクトの権限スキームに対する権限設定を示します。  

セキュリティ タイプ

Jira Service Desk には、サービスデスク顧客-ポータルアクセス セキュリティ タイプがあります。セキュリティ タイプは、特定の権限に対してユーザーの制限を許可する概念です。セキュリティ タイプの例として、プロジェクト ロールやグループがあります。 

サービスデスク カスタマーポータル アクセス は、ユーザーがカスタマーポータルを表示している間にのみ適用されるセキュリティタイプです。このセキュリティタイプは、特に顧客がカスタマーポータルを利用する際に、内部用のサービスデスクビューやその他の Jira アプリケーションにアクセスすることがないように作成されました。

データベーステーブル

Jira Service Desk を設定する際、次のテーブルが Jira アプリケーション データベース内に作成されます。 

一般的な Jira Service Desk

  • AO_54307E_AGENTSIGNAUTRES
  • AO_54307E_ASYNCUPGRADERECORD
  • AO_54307E_CAPABILITY
  • AO_54307E_CONFLUENCEKB
  • AO_54307E_CONFLUENCEKBENABLED
  • AO_54307E_CONFLUENCEKBLABELS
  • AO_54307E_CUSTOMGLOBALTHEME
  • AO_54307E_CUSTOMTHEME
  • AO_54307E_EMAILCHANNELSETTING
  • AO_54307E_EMAILSETTINGS
  • AO_54307E_GOAL
  • AO_54307E_GROUP
  • AO_54307E_GROUPTOREQUESTTYPE
  • AO_54307E_IMAGES
  • AO_54307E_METRICCONDITION
  • AO_54307E_PARTICIPANTSETTINGS
  • AO_54307E_QUEUE
  • AO_54307E_QUEUECOLUMN
  • AO_54307E_REPORT
  • AO_54307E_SERIES
  • AO_54307E_SERVICEDESK
  • AO_54307E_STATUSMAPPING
  • AO_54307E_THRESHOLD
  • AO_54307E_TIMEMETRIC
  • AO_54307E_VIEWPORT
  • AO_54307E_VIEWPORTFIELD
  • AO_54307E_VIEWPORTFIELDVALUE
  • AO_54307E_VIEWPORTFORM

Jira メール処理プラグイン:

  • AO_2C4E5C_MAILCHANNEL
  • AO_2C4E5C_MAILCONNECTION
  • AO_2C4E5C_MAILGLOBALHANDLER
  • AO_2C4E5C_MAILHANDLER
  • AO_2C4E5C_MAILITEM
  • AO_2C4E5C_MAILITEMAUDIT
  • AO_2C4E5C_MAILITEMCHUNK
  • AO_2C4E5C_MAILRUNAUDIT

オートメーション:

  • AO_9B2E3B_EXEC_RULE_MSG_ITEM
  • AO_9B2E3B_IF_CONDITION_CONFIG
  • AO_9B2E3B_IF_COND_CONF_DATA
  • AO_9B2E3B_IF_COND_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_IF_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_IF_THEN
  • AO_9B2E3B_IF_THEN_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_PROJECT_USER_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RSETREV_PROJ_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RSETREV_USER_CONTEXT
  • AO_9B2E3B_RULE
  • AO_9B2E3B_RULESET
  • AO_9B2E3B_RULESET_REVISION
  • AO_9B2E3B_RULE_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_THEN_ACTION_CONFIG
  • AO_9B2E3B_THEN_ACT_CONF_DATA
  • AO_9B2E3B_THEN_ACT_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_THEN_EXECUTION
  • AO_9B2E3B_WHEN_HANDLER_CONFIG
  • AO_9B2E3B_WHEN_HAND_CONF_DATA

Jira タイムドプロミスプラグイン:

  • AO_F1B27B_HISTORY_RECORD
  • AO_F1B27B_KEY_COMPONENT
  • AO_F1B27B_KEY_COMP_HISTORY
  • AO_F1B27B_PROMISE
  • AO_F1B27B_PROMISE_HISTORY
最終更新日 2020 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.