Jira Service Desk の Webhook によるアラートの送信

サービスデスクを自動化する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

webhook は、あるアプリケーションが別のアプリケーションに自動化された情報を送信するための方法です。webhook を使用すると、特定のイベントの発生時に重要な情報を伝えることができます。たとえば、優先順位が高い課題が作成されたときにチーム リードに SMS を送信できます。

webhook は 2 つの内容で構成されています。

  • ペイロード – メッセージ自体
  • URL – メッセージの宛先

既定では、HTTP POST リクエストを使用して JSON 形式でペイロードを送信します。


このページの内容

Jira Service Desk 自動化ルールに webhook を追加する

Jira Service Desk の webhook は、自動化ルールにおける THEN アクションです。ルールを設定するときに、WHENIF を指定し、webhook を使用してアクションを定義できます。

Jira Service Desk 自動化ルールに webhook を追加するには、次の手順を実行します。

  1. [プロジェクト設定] > [自動化] に進みます。
  2. カスタム ルールを作成したり、既存のルールを編集したりします。
  3. 必要に応じて WHEN および IF 設定を設定します。
  4. THEN アクションを追加し、ドロップダウンから [webhook] を選択します。
  5. webhook 設定を設定し、ルールに名前をつけて、[保存] を押します。 

以下の例は、重大なインシデントが発生したときに Slack にメッセージを投稿する自動化ルールです。

カスタム ペイロードを使用した自動化ルールの例。

tip/resting Created with Sketch.

Jira Service Desk の webhook を設定する方法の詳細については、開発者向けチュートリアルを参照してください。

ペイロードの本文のオプション

ペイロードのリクエストの本文について、以下の 2 つのオプションのいずれかを選択できます。

  • 空のペイロードの送信 - 情報を必要としないアプリと通信する場合にこのオプションを使用できます。
  • Jira 課題をペイロードとして送信 - Jira 課題、ユーザー、およびコメントが送信されます。
  • カスタム ペイロードの送信 - 含める変数を選択してペイロードをカスタマイズできます。ペイロードは JSON 形式で指定する必要があります。ペイロードを URL エンコードする場合は [フォームとしてエンコード] チェックボックスを選択します。


最終更新日: 2020 年 10 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.