サービスデスクを設定する

  1. サービスデスクを設定する
  2. サービスデスクのリクエストタイプを作成する
  3. サービスデスクチームのキューを作成する
  4. サービスデスクのエジェントを追加する
  5. サービスデスク チャネルのカスタマイズ
  6. 次のレベルのサービスデスクの実現
  7. サービスデスクをカスタマーに紹介する
  8. サンプル プロジェクトの確認

このチュートリアルを実行するには、Jira Service Deskインスタンスが必要です。
WindowsとLinuxの両方のオペレーティングシステム用のインストール手順があります。

すでに Jira Service Desk のサイトをお持ちの場合、こちらをスキップして、サービス デスク プロジェクトを作成してください。管理者によって既存プロジェクトのプロジェクト管理者に指定されている場合、ステップ 2 に進み、リクエスト タイプを作成します。

プロジェクトの作成

サービスデスク プロジェクトには、チームの用途に併せて利用できる規定のプロジェクト テンプレートがあります。以下の 3 つのテンプレートから選択できます。

  • 基本サービスデスク テンプレートは、人事、財務、または小規模な IT チームのような内部ビジネス チーム向けに設定されています。このテンプレートには推奨されるリクエスト フォームがいくつか付属しており、必要に応じて簡単にカスタマイズおよび拡張することができます。
  • より複雑なインフラストラクチャを保守する IT チームには、IT サービスデスクを推奨しています。このテンプレートには、変更、インシデント、および問題管理用の ITIL に類似したワークフローが付属しています。
  • 外部の顧客に対応し、バグ レポートを収集したり、新機能の提案を受け付けたりする場合は、カスタマー サービス デスク テンプレートをお勧めします。このテンプレートでは、顧客が技術的な支援や請求の支援をリクエストしたり、問題を報告したりするための準備が整っています。

今回は、基本のサービスデスク プロジェクトをセットアップしてみましょう。

  1. 既存の Jira Service Desk インスタンスを使用している場合、インスタンスの上部ナビゲーション バーから [プロジェクト] > [プロジェクトの作成] を選択します。Jira Service Desk をインストールしてセットアップしたばかりの場合、[新しいプロジェクトを作成する] を選択して、新規プロジェクトを作成できます。

  2. プロジェクトタイプとして基本サービスデスク を選択します。 

  3. プロジェクトに名前をつけます。この例では、プロジェクト名「Charlie Cake Franchises」を使用します。プロジェクト キーは自動的に生成されますが、任意のキーに変更することもできます。別のアプリケーションをリンクするオプションが表示された場合、オフのままにします。 

  4. 送信ボタンを押してプロジェクトを作成します。

以上で終了です! これで、1 つのプロジェクトを持つサービスデスク サイトができました。次に、リクエスト タイプのセットアップについて説明します。リクエスト タイプは、カスタマーがチームのサービスデスク プロジェクトに登録できるリクエストを定義します。 

次へ

最終更新日 2020 年 9 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.