インシデント管理のセットアップ

インシデント管理をセットアップし、Jira Service Desk プロジェクト内でエージェントが Opsgenie インシデントの表示および管理を行えるようにします。これにより、中断への対応、発生している問題の理解、およびインシデントの作成を素早く行い、Opsgenie チームが問題を解決するためのコンテキストを提供することができます。


1. Opsgenie アカウントのセットアップ

Major incidents are stored and managed in Opsgenie, an Atlassian application used for alerts. You’ll need an Opsgenie account to integrate it with Jira Service Desk. Opsgenie is a Cloud-based application, without a Server version, but you can integrate it both with Jira Service Desk Server and Data Center. If you don’t have an account already, check out this link:

ユーザー: Jira 管理者

Jira Service Desk と Opsgenie の連携は 1 回限りのアクションです。これにより、2 つのアプリケーションが互いに情報を交換できるようになります。一度完了すると、すべてのプロジェクト管理者が各プロジェクトで個別にインシデント管理を有効にできます。

はじめる前に

  • 連携を作成するには、Opsgenie の API URL と API キーが必要です。これらの見つけ方については、「Opsgenie の API 情報の取得」を参照してください。

手順

  1. [管理] > [アプリケーション] > [Opsgenie 連携] に移動します。

  2. Opsgenie API の URL と API キーを入力します。

  3. [保存] を選択します。連携が有効化されました。

3. プロジェクトでインシデント管理を有効にする

ユーザー: プロジェクト管理者

プロジェクトでインシデント管理機能を使用したい場合は、プロジェクト設定で有効化できます。これにより、プロジェクトに取り組んでいるエージェントに対し、進行中の重大インシデントへのアクセス権、および特別な権限 (インシデントのリクエストへのリンクなど) を付与します。

  1. [プロジェクト設定] > [インシデント管理] に移動します。

  2. エージェントがこのプロジェクトで重大なインシデントを表示、リンク、および管理できるようにします。

4. 進行中の重大なインシデントへの対応

ユーザー: サービスデスク エージェント

インシデント管理を有効にすると、進行中の重大なインシデントの最新状態を簡単に確認できる新しい画面を Jira Service Desk に追加し、それらをリクエストにリンクして、Opsgenie チームによる迅速な解決を支援できます。

最終更新日 2020 年 9 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.