複数の言語でヘルプを提供する

サービスデスクに言語を追加して、カスタマーの言語要件を満たしましょう。これによって、ポータルやヘルプ センターを使用する際に表示される言語が希望の言語に翻訳されます。

言語設定を変更するには、Jira Service Desk のプロジェクト管理者である必要があります。

言語サポートとは

サービスデスク プロジェクトを作成すると、サービスデスクは Jira インスタンスから継承された既定の言語で表示されます。サービスデスクに複数の言語を追加して、カスタマーの言語要件を実現できます。

次の要素を翻訳できます。

  • リクエスト タイプ (名前、説明、フィールド、グループ)

  • ポータル名

  • お知らせ (ログイン、ヘルプ センター、およびポータル)

  • カスタマー通知

サービスデスクに言語を追加する

チームはサービスデスクのカスタマーが使用する言語に基づいて翻訳を追加および編集できます。翻訳の追加は、ヘルプ センターのお知らせなどのカスタマイズ済みのコンテンツの場合に特に重要です。これらでは翻訳が追加されていない場合、既定のサービスデスク言語が表示されます。

言語および翻訳を追加するには、次の手順を利用します。

  1. サービスデスク プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] に移動します。

  2. [言語を追加] を選択します。

  3. 言語を選択し、[追加] を選択します。

言語の表に追加した言語が表示されます。新しい言語には翻訳が用意されていないため、それらを編集して更新する必要があります。既定では新しく追加された言語は無効化されます。これは、新しい言語とその翻訳の品質チェックをカスタマーに表示する前に実行できるようにするためです。

翻訳をレビューまたは更新する

サービスデスク プロジェクトにカスタムの翻訳を追加して、カスタマー エクスペリエンスを向上させることができます。カスタム コンテンツには、リクエスト タイプ、ポータル名、およびお知らせの翻訳が含まれます。

カスタム言語翻訳を確認または更新するには、次の手順を実行します。

  1. サービスデスク プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] に移動します。

  2. [言語] 列で対象言語のエントリを選択します。

  3. 言語のコンテンツをレビューまたは更新します。

  4. 保存をクリックします。

カスタマー向けコンテンツが翻訳スペース内のセクションにグループ化されます。セクション間を移動するにはサービスデスクのサイド バーを使用します。ほとんどのセクションで、サービスデスク プロジェクトの既定言語は左側の列に、翻訳されたテキストは右側に表示されます。

サービスデスク プロジェクトの既定言語の変更

多数のカスタマーの母国語と一致する言語をサービスデスク プロジェクトの既定言語に設定することをおすすめします。サービスデスク プロジェクトの既定言語をカスタマーと同じ言語に設定することで、カスタマーはサービスデスク プロジェクトを効果的に使用することができます。

プロジェクト管理者が優先言語を追加していない場合や、優先言語が無効になっている場合、カスタマーにはサービスデスクの既定言語が表示されます。

サービスデスク プロジェクトの既定の言語を設定するには、次の手順を実行します。

  1. サービスデスク プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] に移動します。

  2. 対象の言語をクリックします。

  3. 言語の翻訳をレビューして確定し、最新の状態であることを確認します。

  4. 保存をクリックします。

  5. 言語が [顧客に表示] されるよう、スライダーを切り替えます。

  6. [既定言語の変更] を選択します。

  7. 対象の言語を選択します。

  8. [変更] をクリックします。

言語のサポートを停止する

言語のサポートを停止する場合は、対象言語を削除するのではなく無効化することをおすすめします。これにより、再度有効化した場合でも翻訳が保持されます。言語を削除すると、その翻訳も削除されます。

言語のサポートを停止するには、次の手順を実行します。

  1. サービスデスク プロジェクトで、[プロジェクト設定] > [言語サポート] に移動します。

  2. [言語] 列で、対象の言語のエントリを見つけます。

  3. [カスタマーに表示] 列で、スライダーをオフに切り替えます。

言語を無効化すると、サポートされなくなった言語を利用言語に指定していたカスタマーには、ポータルのテキスト (ログインプロファイルなど) は利用言語で表示されますが、サービスデスク プロジェクトのリクエスト タイプと通知はサービスデスク プロジェクトの既定の言語で表示されます。 

カスタマーに言語の設定方法を伝える

カスタマーは自身のヘルプ センター プロフィールで言語設定を変更できます。

カスタマーの言語設定の変更を支援するためには、以下を推奨します。

  1. ヘルプ センターでアバターをクリックします。

  2. [設定] の下の [設定の編集] を選択します。

  3. [言語] ドロップダウンで、希望する言語を選択します。

  4. 保存をクリックします。

カスタマー通知の翻訳

カスタマーに送信する通知の言語も追加できます。この場合、ユーザーがカスタム翻訳を指定することはできません。通知では Jira が提供する翻訳が使用されます。

最終更新日 2020 年 8 月 18 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.