Jira Service Desk をインストールする

Jira Service Desk は Jira プラットフォーム上に構築されており、サービス リクエスト、インシデント、問題、および変更管理のために IT チームが必要とするすべての機能を備えています。Jira アプリケーション ファミリ (Jira Software、Jira Service Desk、Jira Core) の一部であり、同じインスタンス上で個別に使用することも組み合わせて使用することもできます。

Jira Service Desk をインストールまたはアップグレードする準備ができている場合、このガイドをご利用ください。Jira Service Desk をインストール済みで、設定方法や使用方法を確認したい場合は、Jira Service Desk のドキュメントを参照してください。


3 つの異なるプラットフォームの画像 1. システム要件

Jira Service Desk をインストールする前に、ご利用のオペレーティング システムがサポートされているかどうかなど、いくつかの点を確認する必要があります。 

読み取り


すべて問題ないように見受けられる場合、組織に適切なバージョンとライセンスを決定します。すでに決定済みの場合は、「Jira Service Desk のインストール」に移動してください。


ID バッジの画像 2. バージョンとライセンス

独自の Jira Service Desk インスタンス (Atlassian がホストしていないインスタンス) を管理する予定の場合、Server または Data Center ライセンスのいずれかを選択します。利用可能な機能やインフラストラクチャは、ライセンスによって決定されます。 

新しいバージョンへのアップグレードには多くの準備時間が必要だが、重大なバグの修正は適用したい組織の場合、エンタープライズ リリースが最適です。

読み取り


利用するライセンスとその背景を確認できたら、Jira Service Desk をインストールします。 


2 つのツールの画像 3. Jira Service Desk のインストール

ここでは、Jira Service Desk をインストールして試用し、本番環境に適用する方法について説明します。また、追加の Jira アプリケーションを既存のインストールに追加する方法についても説明します。

Jira Service Desk をインストールして試用する

  1. ご使用のオペレーティング システムに対応したインストーラーを https://www.atlassian.com/software/jira/service-desk/download からダウンロードします。
  2. 評価用のインストール」の手順に従います。Jira Service Desk には、評価用に使用できる組み込みの便利な H2 データベースが付属しています。
  3. インストールしたら、「サービス デスク管理者用の入門ガイド」を参照し、Jira Service Desk で行える作業をご確認ください。

本番環境での利用を開始する場合、以下の「Jira Service Desk を本番環境用にインストールする」ガイドに従って新しい環境を作成することをご検討ください。

Jira Service Desk を本番環境用にインストールする

  1. Jira アプリケーションをデータベースに接続する」で該当するガイドに従い、データベースをセットアップします。
  2. 以下のうち該当するガイドに従い、ご利用のオペレーティング システムにインストールします。
  3. インストールしたら、「サービス デスク管理者用の入門ガイド」のチュートリアルに従い、Jira Service Desk をサポート チーム用にセットアップします。 

追加のアトラシアン製品のインストール

Jira Core または Jira Software をインストール済みの場合、追加アプリケーションとして Jira Service Desk をインストールすることができます。その逆も可能です。

[Jira 管理 Jira 管理アイコン] > [アプリケーション] > [バージョンとライセンス] に移動し、以下の手順に従います。 

  1. Jira Service Desk バージョン履歴」で、既存のインストールとの互換性を持つ Jira Service Desk のバージョンを確認します。
  2. Jira 管理者グローバル権限を持っていることを確認します。
  3. 追加のアプリケーションとバージョン更新のインストール」の手順に従います。
  4. インストールした製品のドキュメントを参照し、使用方法を確認します。 
tip/resting Created with Sketch.

Atlassian Marketplace では、Jira Service Desk の機能の拡張に便利な 600 以上のアプリが提供されています。これらのセットアップ方法については、「アプリの管理」を参照してください。 

チェックマークが上に付いている開かれたノート パソコンの画像 4. 新しいバージョンへのアップグレード

Jira Service Desk は複数の方法でアップグレードできます。使用する Jira Service Desk のバージョンや Jira Service Desk を実行する環境の種類に応じて、使用する方法を決定します。 

手順

  1. リリース ノートおよびアップグレード ノートを参照し、アップグレード先のバージョンを決定します。
  2. アップグレード パスを決定します。

    バージョン アップグレード パス
    2.5.x より前 3.0 にアップグレードしてから最新バージョンにアップグレードします。
    3.0 〜 3.16 最新バージョンに直接アップグレードする
    4.0 以降 4.0 にアップグレードしてから最新バージョンにアップグレードします。
  3. 以下のオプションから方法を選択し、ページの手順に従います。


ロケットの画像。 5. Jira Service Desk を最大限に活用する

これで Jira Service Desk がインストールされました。セットアップ、機能の確認、チームでの Jira Service Desk の活用などに役立つたくさんのリソースを提供しています。

入門ガイド

主要なタスク

ベスト プラクティス ガイド




最終更新日 2019 年 3 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.