顧客満足度 (CSAT) の集計をする

顧客満足度を測定することは、顧客をより理解し、サービスレベルを向上させることができます。 

Jira Service Desk は、顧客からのフィードバックを収集するためのシンプルでビルトインのメカニズムを提供します。主な機能は次のとおりです。

  • 解決された問題に関するフィードバックを提供するための顧客のためのシンプルなワークフロー
  • 顧客満足度スコアは解決された問題の解決済みの課題とエージェントのキューに表示
  • シングルクリックでサービスデスクのプロジェクトのために顧客満足度のレポートを表示
  • 顧客満足度スコアに基づいて、カスタム レポートおよびトレンド グラフを簡単に作成および表示

顧客からのフィードバックデータは、サービス品質の強みと弱みを特定し、満足度を向上させるために、チームのやる気を引き出す、そして必要な場合指導とトレーニングを提供するために使用することができます。

このページの内容

顧客満足度機能の有効化

この機能は、新しいサービスデスクプロジェクトではデフォルトで有効になっています。しかし、それぞれの既存サービスデスクプロジェクトで有効にする必要があります。既存プロジェクトの顧客満足度の設定を有効にするには:

  1. サービスデスクのプロジェクト管理者としてログインします。
  2. 設定したいサービスデスクのプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクト管理 > 顧客満足度の設定 を選択します。
  4. 顧客満足度のフィードバックを収集を有効にします。 
  5. 必要に応じて、質問内容をサービスデスク環境に合わせて編集します。このフレーズは、顧客が見る、解決された課題通知メッセージに表示されます。

あなたはサービスデスクプロジェクトの満足度の設定を有効にすると、解決の問題の通知は、満足度評価尺度が含まれています。顧客は満足レベルを示すために、評価スケールをクリックすることができます。確認ページはカスタマーポータルに表示され、顧客は、格付けの変更や、必要に応じて、チームに伝えたい任意の追加コメントを提供することができます。

カスタマーフィードバックの確認とレポート

顧客満足度スコアとコメントは解決された課題の課題詳細画面に表示されます。エージェントも 自分の最近解決キューの満足度を確認することができます。 

サービスデスクプロジェクトの管理者とエージェントは、チームの平均顧客満足度スコアを表示するデフォルトの満足度レポートを表示することができます。 

サービスデスクプロジェクトの管理者は、満足度の傾向を分析するカスタムレポートの作成と表示が可能です。また、エージェントはサービスデスクのプロジェクトのために作成された、カスタム満足度レポートも表示できます。

カスタムレポートの有用な例は次のとおりです。

  • サービスレベルの変化を表示する、特定の期間の平均満足度のトレンドグラフ
  • サービスリクエストのタイプに基づく、満足度のスコア。これは、チームがナレッジベース記事を提供する課題を判定するのに役立ちます。 
  • トレーニングが必要なエージェントを識別するため、チームスコアと比較した、個々のエージェントの満足度スコアの確認


最終更新日 2019 年 3 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.