サービスデスクをカスタマーに紹介する

  1. サービスデスクを設定する
  2. サービスデスクのリクエストタイプを作成する
  3. サービスデスクチームのキューを作成する
  4. サービスデスクのエジェントを追加する
  5. サービスデスク チャネルのカスタマイズ
  6. 次のレベルのサービスデスクの実現
  7. サービスデスクをカスタマーに紹介する
  8. サンプル プロジェクトの確認

さて、サービスデスクのセットアップが完了し、エージェントと顧客の両方にサービスを提供できるようなったので、今度は Jira Service Desk の使用を開始する方法を顧客に説明することにしましょう。 

カスタマー ポータルからリクエストを作成する

  1. カスタマーポータルを開きます。
  2. 自分のニーズに合うオプションを選択し、リクエストの詳細を記入します。

メールでリクエストを作成する

リクエストを作成するもう 1 つの方法は、リンクされたサービス デスクにメールを送信することです。サービス デスク プロジェクトがメールを受信する設定になっているかどうかをサービス チームに確認します。設定済みであれば、リクエストを直接メールで送信し、受信トレイでやりとりを続けられます。

複数のサービスデスクでリクエストを作成する

複数のチームに同じリクエストを送信するオプションとしては、次のような方法があります。

  • 連絡先のすべてのチームでサービスデスク プロジェクトをメールアカウントにリンク済みである場合は、サービスデスクのリンク済みメールアカウント全部に対して 1 通のメールメッセージを送信するだけで、リクエストを簡単に作成できます。
  • 連絡先のチームがすべてサービスデスク プロジェクトをメールアカウントにリンクしているわけではない場合は、カスタマーポータルかメールの送信を通じて、それぞれのサービスデスクでリクエストを 1 つずつ作成する必要があります。 

リクエストを追跡し、コメントする

カスタマーポータルを使用して、作成したすべてのリクエストを表示し、エージェントがリクエストを更新する際はそのコメントを読み、リクエストのステータスを確認します。また、カスタマーポータル上でリクエストにコメントや添付ファイルを追加することもできます。

リクエストを追跡するもう一つの方法はメール通知です。エージェントがユーザーのリクエストに応答した時や、リクエストが解決された時には、メール通知が届きます。リクエストにコメントを追加するには、メール通知に返信するだけで済み、その返信はリクエストに対するコメントとして追加されます。 


おめでとうございます! 管理者としてサービスデスクの使用を開始するためのチュートリアルはこれで完了です。 

詳細については、こちらのJira Service Desk ドキュメント のホームページを参照してください。


最終更新日 2018 年 11 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.