SLA カレンダーの作成と編集

SLA を作成すると、その SLA をカレンダーにリンクして、チームが作業可能なときにのみ時間を計上するようにできます。さまざまな業務形態をサポートするため、シフト勤務、休憩、休日を考慮したカレンダーを作成できます。

Jira Service Desk には 2 つの既定のカレンダーが付属しています。

  • 既定の 24 時間 365 日のカレンダー。これは SLA 目標に割り当てられているカレンダーがない場合に使用されます。
  • 9 時から 5 時までのサンプル カレンダー。これは、月曜日から金曜日の午前 9 時から午後 5 時までの時間を追跡します。

プロジェクト設定のカレンダー ビュー。


新しいカレンダーの作成

サービス デスク プロジェクトで新しいカレンダーを作成するには、次の手順を利用します。

  1. [プロジェクト設定] > [カレンダー] ([SLA] の下) に移動します。
  2. 右上の [カレンダーを追加する] を選択します。
  3. [名前] と [説明] を記入すると、追跡されている時間を把握しやすくなります。
  4. 各曜日の稼働時間を選択し、[+] をクリックして新しい行を追加します。
  5. [保存] を選択します。

稼働時間の例。

tip/resting Created with Sketch.

稼働時間が適切に追跡されているかどうかを確認するには、各曜日の [合計] カウントを確認します。

カレンダーの編集または削除

サービス デスク プロジェクトで既存のカレンダーを編集するには、次の手順を実行します。

  1. [プロジェクト設定] > [カレンダー] ([SLA] の下) に移動します。
  2. カレンダーを見つけ、[編集] または [削除] を選択します。
    • 削除する場合、既定の 24 時間 365 日のカレンダーは削除できません。また、SLA で使用されているカレンダーを削除するには、それを SLA から削除する必要があります。
    • 編集する場合、既定の 24 時間 365 日のカレンダーは編集できません。
  3. 変更したら、[保存] を選択します。 

変更すると、このカレンダーにリンクされているすべてのプロジェクトの SLA が再計算されます。


休日のインポート

カレンダーに休日をインポートするには、次の手順を実行します。

  1. カレンダーの下部にある [休日] セクションに移動します。
  2. [休日のインポート] リンクを選択します。
  3. ICS ファイルを選択し、それを UTC/GMT+10 に設定します。 
  4. [インポート] を選択します。インポートしようとしている休日がモーダルに一覧表示されます。[x] をクリックして不要な休日を削除します。
  5. インポートを選択します。

インポートされた休日は、カレンダーの既存の休日に追加されます。休日を翌年も繰り返す場合は、[毎年繰り返し] ボックスを選択すると、再度インポートせずに済みます。

例として将来と過去の休日が表示された [休日] セクション

繰り返しの休日を削除する場合、その休日を、休日が作成された年から削除する必要があります。 

カレンダーを SLA にリンクする

カレンダーを SLA にリンクするには、次の手順を実行します。

  1. [プロジェクト設定] > [SLA] に移動します。
  2. リンク先の SLA を選択し、[SLA の編集] を選択します。
  3. [開始]、[一時停止]、[停止] 条件を設定します。
  4. [課題] の [目標] セクションで、追跡したい課題のタイプを選択します。
  5. [目標] で、解決までの目標速度を選択します。
  6. [カレンダー] で、編集アイコンを選択し、ドロップダウンからカレンダーを選択します。
  7. [保存] を選択します。

SLA の詳細とセットアップ方法については、「SLA のセットアップ」を参照してください。


最終更新日 2020 年 6 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.