Jira Service Desk を使用するソフトウェア チームのためのベストプラクティス

このガイドは、Jira Service Desk および Jira Softwareのサーバー版を使用するチームを対象としています。


Jira Software で開発を行っているソフトウェア チームは、Jira Service Desk を使用してテクニカル サポートを提供したり、カスタマーからのフィードバックを取得したりすることができます。Jira Software を使用しているチームは、追加のライセンスやコストをかけずに、Jira Service Desk でバグ レポートを表示してコメントを追加することができます。Jira Service Desk でのコラボレーションについて詳細をご覧ください。

このガイドと Jira Service Desk のカスタマー サービス プロジェクト テンプレートは、以下の目的のためにご利用いただけます。

  • 組み込みの Web ポータルを介してユーザーのバグやフィードバックを収集する
  • ユーザーにテクニカル サポートを提供する
  • ライセンスと課金についてユーザーを支援する

Jira Service Desk は多様な設定が可能で、テンプレートは開始点にすぎません。使用しながら、特定のビジネス ニーズに合わせてテンプレートを微調整していくことができます。

このガイドでは、以下の方法について説明します。

最終更新日 2018 年 5 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.