Jira Service Desk 2.0 へのアップグレード

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA Service Desk version 2.0 introduces a new pricing model, which requires a new license key (version 2 license). Whether or not you adopt the new pricing model affects your upgrade path. Use this page if you plan to upgrade to the version 2.0 product and stay with your existing pricing model, i.e. the version 1 license. 

If you are interested in moving to the new pricing, please check out the New pricing model for JIRA Service Desk 2.0 FAQ.

このページの内容:

What's new for me

JIRA Service Desk 2.0 Release Notes summarizes the new functionalities and changes introduced in version 2.0. Because you are staying with the version 1 license, you will not get the new People tab; all the other 2.0 features and changes will be available in your system after the upgrade. 

はじめる前に

  • You must have the JIRA System Administrators global permission.
  • Check the Supported platforms to ensure your version of JIRA supports JIRA Service Desk version 2.0.

Upgrading JIRA Service Desk

  1. バージョン 2.0 をインストールします。手順については、「Jira Service Desk のインストール」を参照してください。
    バージョン 2.0 では、service-desk-agents グループと、Jira Service Desk エージェント アクセス グローバル権限が導入されました。Jira Service Desk では、バージョン 2 ライセンス下でのライセンス割り当てを管理するのにこれらの新しい 2 つの設定が使用されます。これら 2 つの設定は変更しないことをおすすめします。これによって、新しい価格モデルに後から変更する場合に簡単に移行できます。
  2. Optional: Migrate your permission scheme. For detailed information, see Setting up users with the version 1.x pricing.

    バージョン 1.2 から 2.0 にアップグレードする場合、[ユーザー] タブはバージョン 1.2 と同様に動作します。 

    バージョン 1.1 から 1.2 にアップグレードする場合、サービス デスクのインターフェースに [ユーザー] タブが追加されます。

最終更新日 2015 年 8 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.