Jira Service Desk 3.9.x アップグレード ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

This JIRA Service Desk release will reach its end of life on November 16, 2019. See End of life policy.

ここでは、Jira Service Desk 3.9 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Jira Service Desk 3.9.x リリース ノート」を参照してください。Jira Service Desk は Jira プラットフォームで動作するため、「Jira プラットフォーム 7.6 アップグレード ノート」も参照してください。

Jira Service Desk 3.9 はエンタープライズ リリースです
3.9 のサポート終了までの間、重大なセキュリティ、安定性、データの完全性、およびパフォーマンスの問題についてのバグ修正が適用されます。
アップグレードの準備はお済みですか?  3.3 以降の変更の適用について、Jira Service Desk 3.9 エンタープライズ リリースの変更履歴をご参照ください。 

アップグレードノート

優先度スキーム (UI の変更) - Jira Software、Jira Core、および Jira Service Desk 3.9.4 のみ

Jira での優先度の管理方法に対する重大な変更を加えましたが、これらの変更は Jira Service Desk 3.9.4 でのみ利用可能です。現在、Jira Service Desk プロジェクトは優先度のグローバル リストを使用しています。アップグレード後、これらの優先度はすべて既定の優先度スキームに移行し、アップグレード前と同様に動作します。新しいスキームを作成して Jira Core または Jira Software で使用できますが、Jira Service Desk プロジェクトについては 3.9.4 以降のみ使用できます。


優先度スキーム (API の変更)

この変更はすべての利用者に関連しますが、主に Jira 管理者ではなくプラグイン開発者にとってより重要です。Jira 管理者がユーザー インターフェース外で優先度スキームを管理できるようにするための API は、Jira 7.6 では利用できません。

プラグイン開発者の方で、自身の開発したプラグインを使って優先度スキームを管理したい場合は、下記の API の変更リストを確認してください。このリリースでは、プラグインによる優先度スキーム管理を可能にする新しい API を追加しただけでなく、既存の API の変更も行っているため、プラグインとの互換性が失われる可能性が高いです。この変更は優先度スキームに対してのものであり、優先度を管理する API に対するものではありませんが、いままでのグローバルの優先度リストが既定の優先度スキームになるため、プラグインが優先度自体に関して不正確なデータを取得してしまう場合があります。

最新情報

プラグインによる優先度スキーム管理を可能にするため追加される API は以下の通りです。 

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

FieldConfigScheme createWithDefaultMapping(String name, String description, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfigScheme updateWithDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfig getFieldConfigForDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme);

Doc

void delete(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getScheme(Project project);

Doc

FieldConfigScheme getScheme(Long id);

Doc

List<FieldConfigScheme> getAllSchemes(); Doc

boolean isDefaultScheme(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getDefaultScheme(); Doc

String getDefaultOption(IssueContext issueContext); Doc

String getDefaultOption(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setDefaultOption(FieldConfig fieldConfig, String optionId); Doc

List<String> getOptions(IssueContext issueContext); Doc

List<String> getOptions(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setOptions(FieldConfig fieldConfig, List<String> optionIds); Doc

void addOptionToDefault(String optionId); Doc

void removeOptionFromAllSchemes(String optionId); Doc

Collection<FieldConfigScheme> getAllRelatedSchemes(String optionId); Doc

void assignProject(@Nonnull FieldConfigScheme priorityFieldConfig, @Nonnull Project project); Doc

Set<Project> getProjectsWithScheme(@Nonnull FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

void unassignProject(@Nonnull FieldConfigScheme scheme, @Nonnull Project project); Doc


優先度スキームの作成、更新、削除が行われると発生するイベントも新たに追加しました。

Classname イベント Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeCreatedEvent Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeDeletedEvent

Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeUpdatedEvent Doc

変更内容について

一部の API では優先度スキームに対して優先度の追加または削除を行うために、追加のオプションのレシーブも行います。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 変更 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager createPriority 個別の優先度の作成に加えて、既定の優先度スキームにこの優先度を追加もします。 Doc

removePriority 個別の優先度の削除に加えて、すべての優先度スキームからこの優先度を削除もします。 Doc

非推奨となった API

以下の API は非推奨となり、新たな PrioritySchemeManager クラスに置き換えられました。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 置換後 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager setDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#setDefaultOption(FieldConfig, String)

Doc

getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(IssueContext)

Doc
com.atlassian.jira.config.ConstantsManager getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.context.IssueContext)、または

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.fields.config.FieldConfig)

Doc

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Jira のいずれかのバージョンをご利用中の場合は、以下の説明に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. アップグレードする前に、インストール先のディレクトリ、ホームディレクトリ、およびデータベースをバックアップされることを強くお勧めします。
  2. Read the release notes and upgrade guides for all releases between your version and the latest version.
  3. 最新バージョンの Jira Service Desk をダウンロードします。
  4. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

以前のバージョンからのアップグレード方法

Jira アプリケーションの互換性マトリクスを参照し、最新の互換バージョンであることを確認します。

  • 3.1 以降
    既知の問題はありません
  • 3.0
    ガジェットに関する既知の問題があります。回避方法については「Jira Service Desk 3.1.x アップグレード ノート」で説明しています。
  • 3.0 より前
    移行ハブを参照してください。ユーザー管理、アプリケーション アクセス、ログインなどの重要な変更点についての情報が記載されています。Jira Service Desk 3.0 にアップグレードしてから Jira Service Desk 3.9 にアップグレードする必要があります
最終更新日 2019 年 7 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.