Jira Service Desk 3.9 エンタープライズ リリースの変更履歴

Jira Service Desk 3.9.x アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA Service Desk 3.9 is an Enterprise Release, and this change log aims to give you an overview of what's changed in the earlier versions. 

About Enterprise releases
We recommend upgrading JIRA Service Desk regularly, however if your organisation's process means you only upgrade about once a year, upgrading to an Enterprise release may be a good option, as it provides continued access to critical security, stability, data integrity and performance issues until this version reaches end of life. 

All changes are divided according to versions in which they were released, but it doesn't mean you have to upgrade through each version separately. You can go straight from 3.3 to 3.9.

サポート終了ポリシー

Atlassian supports feature versions for two years after the first major iteration of that version was released. Once a version reaches End of Life, you won't be able to receive support for it. Here are the EOL dates for JIRA Service Desk 3.3 and JIRA Service Desk 3.9.

3.3 2019 年 1 月 3 日

詳細

3.9 2019 年 11 月 14 日

主要な機能

各バージョンで利用できる新機能の概要です。  

3.3
  • Group customers into organizations.
  • Customize email notifications.
  • Agents can add portal announcements.
  • Rich text editing.
  • Project administrators can edit their project workflow.
  • Changes to starting a JIRA instance.
  • Data Centre single sign-on.
リリースノート
3.4
  • Updated project templates.
リリースノート
3.5
  • Non-customer comments enabled.
  • Creating customers from email address lists.
リリースノート
3.6
  • Improved SLA rendering.
  • Extended project administration.
  • JIRA Service Desk Data Centre zero downtime upgrades.
  • Improvements to issue export.
  • In-app notifications.
リリースノート
3.7
  • Canned responses.
リリースノート
3.8
  • Importing SLAs from existing projects.
  • Events for linked issues.
  • Syntax highlighting for new languages.
リリースノート
3.9
  • Better canned responses.
  • Auto approvals.
  • Live monitoring with JMX.
  • Better security with X-Frame-Options.

  • More languages supported.

  • Priority schemes from 3.9.4 only.
リリースノート

致命的なバグの修正

Every release contains a bunch of bug fixes. Here's all the ones that were deemed critical severity and fixed since 3.2. 

サポート対象プラットフォームの変更

新しいバージョンのリリースに伴い、プラットフォームのサポートの開始や終了を行っています。ここでは、3.3 以降の変更の概要について説明します。 

3.3 変更なし サポート対象プラットフォーム
3.4 変更なし サポート対象プラットフォーム
3.5

次の製品のサポートを終了

  • Microsoft SQL Server 2008
  • Postgres 9.0 および 9.1
  • MySQL 5.1
  • Internet Explorer 10
サポート対象プラットフォーム
3.6 変更なし サポート対象プラットフォーム
3.7

次の製品のサポートを終了

  • Postgres 9.2
サポート対象プラットフォーム
3.8 変更なし サポート対象プラットフォーム
3.9 変更なし サポート対象プラットフォーム

テクニカル アップグレード ノート

次の表はアップグレード ノートの概要です。アップグレード前にアップグレード ノートを個別に確認する必要があります。 

3.3
  • If you're upgrading to JIRA Service Desk 3.3 and MySQL 5.7.6 or above, you need to make sure your JIRA user has the REFERENCES permission.
  • If you're running your JIRA application over SSL, and have configured Apache Tomcat with HTTPS, you'll need to update your server.xml HTTPS connector with the correct protocol or JIRA will fail to start.
アップグレード ノート
3.4

No known issues.

アップグレード ノート
3.5

Performance issues:

  • Versions 3.5.1 and 3.5.2 have performance issues and show errors while opening pages or finishing some actions. This applies only if you’re using postgreSQL and have more than 500k users.
アップグレード ノート
3.6

重要な注意事項

  • MySQL 5.7.6 以降を使用する予定の場合、データベース ユーザーに追加の権限 (REFERENCE) を付与する必要があります。
  • If you're running JIRA over SSL, you'll need to update your server.xml with the correct protocol because of the Apache Tomcat upgrade.
  • XML バックアップの自動処理を無効化しました。バックアップを作成するには、データベースのネイティブ ツールをご利用ください。
アップグレード ノート
3.7

重要な注意事項

  • ガベージ コレクションを有効化するための新しいオプションをスタートアップ ファイルに追加しました。これに伴う特別な操作は不要です。
アップグレード ノート
3.8

重要な注意事項

  • Microsoft SQL Server 用の新しい JDBC ドライバにより、新しい URL が必要です。元の URL を変更していない場合、Jira 設定ツールで修正できます。URL をカスタマイズ済みの場合、手動での変更が必要な場合があります。
アップグレード ノート
3.9

重要な注意事項

  • 優先度スキームへの変更 (プロジェクト固有の優先度機能) は、現在の構成には影響しません。

既知の問題:

  • ジョブ ID の重複の修正により、インスタンスによっては特別な手順 (データベースでインデックスが作成されたかどうかを確認、Jira インスタンスの再起動) が必要になる場合があります。
アップグレード ノート

アップグレード手順

You can upgrade to JIRA Service Desk 3.9 Enterprise Release like any other version. We recommend that you upgrade directly to 3.9, without any intermediary versions. Use one of the following methods:


今すぐアップグレード


最終更新日 2018 年 3 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.