Jira Service Desk 3.8.x アップグレード ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Please follow the instructions in the general Upgrading JIRA applications guide, as well as the JIRA Service Desk 3.8.x specific instructions below. The general guide contains important tasks that are essential for getting your upgraded JIRA installation to work correctly and, if necessary, migrating existing configurations.

ライセンスとアドオンがすべて最新であることも確認する必要があります。互換性のないアドオンをアップグレード前に削除することで、アップグレード プロセス中の問題を回避できる場合があります。アドオンの互換性は、アップグレード前に Jira 更新チェックを使用して確認できます。問題が生じている場合は、アドオンを無効化した状態で Jira をコマンド ラインから起動できます。

このページでは、JIRA Service Desk 3.8.x にアップグレードするかどうかを決定する前に把握しておく必要のある既知の問題や変更点についても説明します。

JIRA 開発者向けの情報

詳細については、以下のリソースをチェックしてください。


課題リンクの作成および削除イベント

課題リンクの作成および削除に対する新しいイベントを追加しました。これらのイベントは、プラグインを開発する際に便利かもしれません。これらの新しいイベントは IssueLinkCreatedEvent と IssueLinkDeletedEvent です。これらを webhook に使う場合は、以下を使用する必要があります。

  • create (issuelink_created)
  • deleted (issuelink_deleted)

管理者向けの情報

新しい Microsoft SQL Server 用 JDBC Driver

Microsoft SQL Server 用の新しいドライバをリリースしました。このドライバを使用するには、dbconfig.xml ファイル内のドライバ URL を更新する必要があります。ほとんどの場合、Jira 設定ツールを実行すると、URL が自動的に更新されます。ただし、プロパティを追加して URL をカスタマイズしている場合、手動での変更が必要となる場合があります。この方法の詳細については、「JDBC URL の更新」を参照してください。

アップグレード後 Jira を起動すると、この問題が修正されるまでエラーメッセージが表示されます。

 

破損したインデックスを Jira が自動修復

これは、7.4.2 で実装済みの変更です。破損したインデックスの自動修復機能を Jira に追加し、多くの手動作業を不要にしました。これには問題点が 1 つあり、破損したドキュメントがインデックスから削除されるため、JQL で一部の課題を検索できないような問題が生じる可能性があります。インデックスが修復されているかどうかは、atlassian-jira.log ファイルで次のような行を探すことで確認できます。

2017-07-18 23:51:49,990 JIRA-Bootstrap ERROR      [c.a.jira.index.LuceneCorruptionChecker] Index '/jirahome/caches/indexes/issues' is broken: 2 bad segments.
    Performing healing the index. 2 documents will be lost

削除されたドキュメントはすべて、Jira でインデックスの再作成を実行すれば再作成できます。詳細については、「Lucene index corruption (Lucene インデックスの破損)」を参照してください。 

 

バージョン固有の詳細

  • Jira アプリケーションの互換性マトリックスを参照し、最新の互換バージョンであることを確認してください。

    • 3.1 以降のバージョンからのアップグレード - 既知の問題はありません。
    • 3.0 からのアップグレード - ガジェットに関する既知の問題があります。回避方法は Jira Service Desk 3.1.x アップグレードノートで説明しています。
    • 3.0 より前のバージョンからのアップグレード - 移行ハブを参照してください。重要なユーザー管理、アプリケーションアクセス、ログインの変更点などの情報が記載されています。まず Jira Service Desk 3.0 にアップグレードしてから、Jira Service Desk 3.8 にアップグレードする必要があります
最終更新日 2017 年 9 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.