Jira Service Desk 3.15.x アップグレード ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Here are some important notes on upgrading to Jira Service Desk 3.15. For details of the new features and improvements in this release, see the Jira Service Desk 3.15 release notes. As Jira Service Desk runs on the Jira platform, you should also view the Jira platform 7.12 upgrade notes.

アップグレードノート

com.atlassian.fugue のサポート終了のお知らせ

Jira Service Desk 3.15 では、com.atlassian.fugue の使用が非推奨となりました。Jira Service Desk 4.0 では完全に削除され、代わりに Core Java Data タイプおよび Exception を使用するように API が更新されます。これは、Jira Service Desk での開発を改善するための変更です。

この変更による影響

Core Java データ型および Exception を使用するには、com.atlassian.fugue を返すエンドポイントにリクエストを送っているすべてのスクリプト、連携、またはアプリを更新する必要があります。

これらの変更は Jira 8.0 のアーリー アクセス プログラム (EAP) でテストできます。最新の更新については、Jira Server 開発者ドキュメントを参照してください。ご質問がある場合、アトラシアン開発者コミュニティでお知らせください。

Jira 管理者

Apache Tomcat のアップグレード

Jira Service Desk 3.15.2 では、Apache Tomcat をバージョン 8.5.32 にアップグレードしました。これによって、server.xml ファイルを変更する必要があります。Jira Service Desk 3.15.2 (このリリースはプルされています) をインストールしている場合は、すでにこれらの変更が実施されています。そうでない場合は、3.15.3 以降にアップグレードするときにこれを行う必要があります。 

これらの変更は、JQL の検索パネルに関連するバグを回避するために必要です。このバグの詳細についてはこちらをご覧ください。

手順:

  1. <Jira-installation-directory>/conf に移動し、server.xml ファイルを編集します。
  2. アプリケーションで使用中のすべてのコネクタを見つけます。ファイルで Connector を検索するか、以下の例をご覧ください。
  3. server.xml の connector プロパティに relaxedPathChars="[]|" relaxedQueryChars="[]|{}^\`"<>" を追加します。例:

    <Connector port="8080" relaxedPathChars="[]|" relaxedQueryChars="[]|{}^&#x5c;&#x60;&quot;&lt;&gt;" maxThreads="150" minSpareThreads="25" connectionTimeout="20000" enableLookups="false" maxHttpHeaderSize="8192" protocol="HTTP/1.1" useBodyEncodingForURI="true" redirectPort="8443" acceptCount="100" disableUploadTimeout="true" bindOnInit="false"/>
  4. Jira を再起動します。

PostgreSQL 9.3 のサポート終了について

Jira 7.12 では PostgreSQL 9.3 の使用が非推奨となりました。Jira 8.0 では PostgreSQL 9.3 のサポートを完全に終了します。詳細については、「サポート終了のお知らせ」を参照してください。 

監査ログの新イベント (フィルタとダッシュボード)

リリース ノートに記載されているように、ユーザーは編集権限を持つフィルターおよびダッシュボードを共有できるようになりました。監査ログの新しいイベントを介してすべての変更を通知します。詳細については、「監査ログの表示」を参照してください。

プラグイン開発者

See Preparing for Jira 7.12 for any important changes regarding plugins.

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Jira のいずれかのバージョンをご利用中の場合は、以下の説明に従って最新バージョンにアップグレードします。

  1. アップグレードする前に、インストール先のディレクトリ、ホームディレクトリ、およびデータベースをバックアップされることを強くお勧めします。
  2. リリース ノートとアップグレード ガイド (ご利用のバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリース分) を読みます。
  3. Download the latest version of Jira Service Desk.
  4. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

以前のバージョンからのアップグレード方法

Check the Jira application compatibility matrix to ensure you have the most up to date, compatible versions.

  • 3.1, or later
    There are no known issues.
  • 3.0
    There is a known issue regarding gadgets, and there is a workaround described in the JIRA Service Desk 3.1.x upgrade notes.
  • Earlier than 3.0
    Please consult the Migration hub as it contains information on important user management, application access and log in changes. You must upgrade to JIRA Service Desk 3.0 before upgrading to Jira Service Desk 3.15.
最終更新日 2019 年 6 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.