Jira Service Desk 1.1 リリース ノート

Jira Service Desk リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

この Jira Service Desk リリースのサポートは終了しています。詳細については「サポート終了ポリシー」をご参照ください。

最新情報

Unable to render {include} The included page could not be found.
1.1 では、カスタマイズ可能な SLA カレンダーを提供する新しい SLA 管理機能が導入されました。さらに、リクエスト タイプをグループ化し、ユーザーがカスタマー ポータルで適切なリクエスト タイプに簡単にアクセスできるようにすることができます。




カスタム SLA カレンダーの作成

  • SLA カレンダーを作成し、営業時間、休日、週末などのあらゆる基準で SLA を追跡します。
  • 異なるタイムゾーンにいるチーム メンバーについて特別な心配をする必要はありません。リクエストが営業時間外に送信され、SLA タイマーが翌日の午前 9 時までに開始されない場合、そのリクエストの SLA タイマーは一時的に停止されます。
  • カレンダーを設計し、必要に応じて SLA に追加することで、既存の SLA を簡単に変更できます。

続きを読む

リクエスト タイプのユーザー ナビゲートの改善

  • リクエスト タイプが多数ある場合、新しい "グループ" オプションを使用してリクエスト タイプをグループに整理し、顧客が必要なリクエスト タイプを簡単に見つけられるようにできます。

続きを読む

追加の言語サポート

  • Jira Service Desk にスペイン語、フランス語、ドイツ語、日本語の言語パックが付属するようになりました。

アップグレード情報

  • すべての既存の SLA が、既定の 24 時間 365 日のカレンダーに割り当てられます。新しいカスタム カレンダーを作成し、それを SLA に関連付けると、影響を受けるすべての課題が新しい SLA 条件に対して再計算されます。
  • すべての既存のリクエスト タイプは "全般" グループに割り当てられます。リクエスト タイプ用の新しいグループを作成する場合を除き、カスタマー ポータルの外観は変更されません。リクエスト タイプはカスタマー ポータルのグループに従ってグループ化されます。
  • この理由として、
    Unable to render {include} The included page could not be found.
    は Jira プラットフォーム上に構築されているため、1.1 より後のリリースでは
    Unable to render {include} The included page could not be found.
    のサポートが Jira 6.0 以降に制限されます。これによって、アトラシアンでは
    Unable to render {include} The included page could not be found.
    の世界レベルのサポートを提供し、可能な限り迅速にバグ修正を提供して、Jira に継続的にリリースされる機能を完全に活用できます。

Jira Service Desk のポイント リリース

1.1.6

JSD-110 - Getting issue details... STATUS - You can now set a service desk as your JIRA home.

1.1.4

T キー 要約 担当者 報告者 P ステータス ソリューション 作成日 更新日 期限
Loading...
Refresh

最終更新日 2019 年 1 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.