ページツリー
メタデータの末尾にスキップ
メタデータの先頭に移動

Jira Core は、プロジェクトの運営やアセット トラッキング、ワークフローを通じた作業が必要なあらゆるユースケースで利用できる、ワークフロー管理システムを提供する Jira アプリケーションです。 Jira Core はニーズに合わせてカスタマイズおよび拡張でき、他のアプリケーションとリンクさせることで、1 つの場所で全ての作業を追跡できる完全なソリューションを提供します。

Jia Core の基本を理解すると、アプリケーションについてほとんど理解できるようになります。このページでは、あなたの作業を効率的に管理するために、Jira Core アプリケーションの主要な用語と機能を説明します。

準備ができましたか?基本的な概念を習得しましょう。

無料トライアルにサインアップ試用

課題

課題は、Jira Coreでの作業のパケットです。課題はそれぞれ課題タイプに割り振られて定義されます。例えば、オフィスでプロジェクト運営をする場合、課題はプロジェクトを完了するために必要なタスクで表すことができます。一つ一つの課題タイプが、管理者タスク、ファイリングタスク、ドキュメント作成タスクなど、それぞれタスクの種別になります。Jira Coreを資産トラッキングに利用する場合は、課題は1資産(または棚卸し種目)となり、課題タイプは資産の種別 (ラップトップ、モニター、プリンターなど)となるでしょう。Jira Core を利用し、進めた (また移動した) 課題は、何かできて、何ができない、(また正確には何をすべきで、何をすべきでないか) を関連付けられたワークフローを介して指示されるものです。

さて、課題はどうグルーピングすればいいでしょうか?もし、建設プロジェクトを立ち上げたなら、Jira Coreで資産のトラッキングをしたい時、どうしたらいいでしょう。そんな時は、"プロジェクト"を利用しましょう!

プロジェクト

"プロジェクト"は課題をまとめる方法の一つです。規定設定を適用するとします。規定設定では必ず、すべての課題にワークフローを通して進捗を確認するための情報があります。それぞれのプロジェクトには管理者がいます。基本的にはプロジェクトリードでプロジェクトの管理をする責任がある人です。 

Jira Core users may work with issues in one or several projects, and would complete the work required to progress the issues through their workflows.

よくできました!課題が作業であり、プロジェクトに属していることがわかりましたね。しかし、どのようなワークフローで、どのように課題に影響するのでしょうか?

ワークフロー

ワークフローは、プロジェクトで課題をどのように進行させることができるかを決定します。ワークフローは、必要に応じてシンプルにも複雑にもすることが可能です。ワークフローは、多くの場合、既存のプロセスをモデルにしていて、ステータス (またはステップ) と遷移 (ステータス間の動き) で構成されています。課題が作成されると、自動的にワークフローとそのワークフローのステータスが割り当てられます。どこで移動できるかは、ステータスを出るときの遷移によって定義されます。Jira Coreに設定される規定のワークフローの例はこちらです。

Jira アプリケーション

Jira Core は、いくつかのJiraアプリケーションの1つです。各アプリケーションは、それぞれ明確な特徴を持ち、市場に適したサービスを提供するために設計されています。例えば、Jira Software は、アジャイルソフトウェア開発者のために設計されており、その機能は、アジャイルボード、ソフトウェア、特定のプロジェクトの種類、およびその他の開発ツールとの統合などの特徴があります。

You may have access to more than just the Jira Core application, and you can view this list of applications and feature access to gain a better understanding of the power of Jira!

So that's the basics. Jira Core is functional straight 'out of the box', but if you think you'll need to know a little more, to get some ideas on what you could do, take a look at this guide to see what's possible with Jira Core.

  • ラベルなし