Windows で Zip ファイルから Jira アプリケーションをインストールする

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

In this guide we'll run you through installing a  Jira  application in a production environment, with an external database, manually using a zip file.

この方法では、インストールプロセスをユーザーが最大限制御できます。
 

Jira をインストールするその他の方法: 

  • 評価版 - 無料トライアルをすぐに利用できます。
  • Installer – install Jira  using the Windows installer. 
  • Linux – install Jira  on a Linux operating system.

このページの内容

はじめる前に

Before you install Jira , there's a few questions you need to answer. 


サポートされているオペレーティングシステムと Java のバージョンを使用していますか?
これについて詳しく

サポート対象プラットフォーム」ページでインストールする Jira のバージョンを確認します。このページでは、サポート対象のオペレーティング システム、データベースおよびブラウザーに関する情報を提供しています。

参考情報

  • OS X への Jira のインストールはサポートされません。
  • JDK (Java Development Kit) または JRE (Java Runtime Environment)のいずれかを使用することができます。
  • We only support the version of Apache Tomcat that is bundled with Jira .
32 bit のオペレーティング システムをお使いの場合
これについて詳しく

32 bit のシステムに Jira をインストールする場合、Jira で使用可能な最大ヒープ サイズを減らす必要があります。64 bit システム用の既定値は 2 GB ですが、これは 32 bit システムに対しては大きすぎる値であり、利用可能なメモリ量に対応できない可能性があります。


アーカイブからファイルを抽出し、Jira を起動する前に次の手順を完了します。

ステップ 1: 既定の setenv ファイルの名前を変更します。

  1. <Jira-install-directory>/bin に移動し、setenv.bat / .sh ファイルを削除 (または名前変更) します。

  2. setenv32.bat / .sh の名前を setenv.bat / .sh に変更します。Jira は起動時にこのファイルを使用します。

ステップ 2: jira-config.properties ファイルにプロパティを追加。

  1. Jiraの ホーム ディレクトリに移動し、jira-config.properties ファイルを編集します。ファイルがない場合は作成できます。

  2. 次のプロパティを追加します:

    jira.index.batch.maxrambuffermb=256
    jira.index.interactive.maxrambuffermb=256

Jira を Windows Service として実行しますか?

これについて詳しく

Windows でサービスとして Jira を実行すると、Windows が起動したときに Jira アプリケーションが自動的に起動されます。

サービスとして Jira を実行する場合は Windows インストーラーを使用してください。

Jira をサービスとして実行しない場合:

  • Jira インストール ディレクトリで start-jira.bat ファイルを実行することで Jira を起動/停止できます。
  • Jira will be run as the Windows user account that was used to install Jira , or you can choose to run as a dedicated user (this user must have full read and write access to the installation directory and home directory).
  • サーバーが再起動される場合、Jira を手動で再起動する必要があります。
どのデータベースを使用することを計画していますか? 
これについて詳しく

To run Jira  in production you'll need an external database. Check the Supported platforms page for the version you're installing for the list of databases we currently support. If you don't already have a database, PostgreSQL is free, easy to set up and has been extensively tested with Jira .

参考情報

  • 始める前に、データベースをセットアップします。サポート対象のすべてのデータベースのステップバイステップ ガイドを「Jira アプリケーションをデータベースに接続する」で利用できます。
  • UTF-8 文字エンコーディングを使用します。
  • Oracle または MySQL を使用している場合、ご使用のデータベース用のドライバをダウンロードする必要があります。
  • The embedded H2 database can be used for evaluating Jira , but you'll need to migrate to another database before running in production. You may find it easier to use external database from the start.

Jira ライセンスはありますか?

これについて詳しく

You'll need a valid Jira  Software Server, Jira  Core Server or Jira  Service Desk Server license to use JIRA.

参考情報

  • If you have not yet purchased a Jira  application license you'll be able to create an evaluation license during setup.
  • ライセンス キーをお持ちの場合は、my.atlassian.com にログインして取得することを促すプロンプトが表示されます。セットアップ中にライセンス キーを手動で入力することもできます。
  • If you're migrating from Jira  Cloud, you'll need a new license Jira

JAVA_HOME 変数が正しく設定されていますか?
これについて詳しく

Before you install Jira , check that you're running a supported Java version and that the JAVA_HOME environment variable is set correctly.

Jira アプリケーションは OpenJDK、Oracle JDK または JRE で実行可能です。

JAVA_HOME 変数を確認するには:

コマンド プロンプトを開いて「echo %JAVA_HOME%」と入力し、Enter を押します。 

  • Java インストール ディレクトリへのパスが表示される場合、JAVA_Home 環境変数は正しく設定されています。
  • 何も表示されない場合、または %JAVA_HOME% のみ返される場合、JAVA_HOME 環境変数を手動で設定する必要があります。

Install a Jira  application

1. Download  Jira

ご利用のオペレーティング システムに対応した zip ファイルをダウンロードします。

2. インストールディレクトリの作成

  1. Create your installation directory (with full control permission) – this is where Jira  will be installed. Avoid using spaces or special characters in the path. We'll refer to this directory as your <installation-directory>

  2. Extract the Jira  zip file to your <installation-directory>. We recommend using 7zip or Winzip.

3. ホームディレクトリの作成

  1. Create your home directory (with full control permission) – this is where Jira  data like logs, search indexes and files will be stored. This should be seperate to your installation directory. We'll refer to this directory as your <home-directory>
  2. Tell Jira  where to find your <home-directory> when it starts up.  There are two ways to do this:

    (推奨) 環境変数を設定する...

    お使いのオペレーティング システムで、<home-directory> への絶対パスを持つ環境変数 JIRA_HOME を設定できます。

    コマンド プロンプトを開き、次を実行します:

    set JIRA_HOME=X:\path\to\jira-home

    ここで、x<home-directory> を作成したドライブです。

    You can then specify the command above in a script used to start Jira .

    jira-application.properties ファイルを編集...

    任意のテキスト エディタで <installation-directory>\atlassian-jira\WEB-INF\classes\jira-application.properties を編集します。

    jira.home の後にホーム ディレクトリへの絶対パスを追加します。バックスラッシュはエスケープする必要があります。例:

    jira.home=X:\\path\\to\\jira-home

    UNC パスを定義する場合は、先頭にバックスラッシュを使用してダブル エスケープを行う必要があります。例:

    jira.home=\\\\machinename\\path\\to\\jira-home

4. ポートの確認

By default Jira  listens on port 8080. If you have another application running on your server that uses the same ports, you'll need to tell Jira  to use a different port. 
 

手順について

ポートを変更する方法

  1. <installation-directory>\conf\server.xml を編集します。

  2. サーバーポート (8005) およびコネクタポート (8080) を変更してサーバー上のポートを解放します。

    以下の例では、サーバーポートを 5005、コネクタポートを 5050 に変更しました。

    <Server port="5005" shutdown="SHUTDOWN">
    ...
       <Service name="Catalina">
          <Connector port="5050"
             maxThreads="150"
             minSpareThreads="25"
             connectionTimeout="20000"
             enableLookups="false"
             maxHttpHeaderSize="8192"
             protocol="HTTP/1.1"
             useBodyEncodingForURI="true"
             redirectPort="8443"
             acceptCount="100"
             disableUploadTimeout="true"/>


5. Start  Jira

  1. Run <installation-directory>/bin/start-jira.bat to start the install process.  
     
    A command prompt will open. Closing this window will stop Jira .
     
  2. Go to  http://localhost:8080/ to launch Jira  in your browser (change the port if you've updated the Connector port).
      
JIRA の起動で問題が発生していますか?
  • コマンドプロンプトウィンドウをすぐに閉じると JAVA_HOME 変数が正しく設定されない場合があります。


Set up your Jira  application

6. セットアップ方法の選択

自分で設定するを選択します。

7. データベースへの接続

  1. データベースをまだ作成していない場合、ここで作成します。詳細については、このページの「はじめる前に」セクションを参照してください。 
  2. 独自データベースを選択します。 
  3. データベースのタイプを選択してから、データベースの詳細を入力します。 
      

    手順について

    Jira は標準 JDBC データベース接続を使用してデータベースに接続します。接続プールは Jira 内で処理され、Jira 設定ツールを使用して後から変更できます。

    Oracle または MySQL を使用している場合、追加の手順があります。 

    • 適切なデータベース JDBC ドライバをダウンロードして解凍します。適切なバーションを確認するには、「サポートされているプラットフォーム」を参照してください。
    • セットアップ ウィザードを使用して続行する前に、JAR ファイルを <jira-installation>/lib フォルダにドロップします。

    セットアップウィザードにて :

    • Driver Class Name – データベース ドライバの Java クラス名です。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • データベース URL – データベースの JDBC URL。不明な場合は、データベースのドキュメント確認してください。
    • ユーザー名パスワード – Jira がユーザーのデータベースにアクセスするために使用できる有効なユーザー名とパスワードです。

8. アプリケーション プロパティを設定する

  1. Give your Jira  site a name.
  2. Web サイトを非公開にするか、だれでも登録できるかを選択します。この設定は後で変更できます。 
  3. Enter your base URL - this is the address people will use to access your Jira  site. 

9. ライセンスの入力

プロンプトにしたがって my.atlassian.com にログインしてライセンスを取得するか、ライセンス キーを入力します。

10. 管理者アカウントの作成

管理者アカウントの詳細を入力します。セットアップの完了後に管理者を追加することができます。

11. メール通知の設定

Enter details of your mail server.  This will allow Jira  to send notifications when issues change.

12. Start using  Jira

That's it! Your Jira  site is accessible from your base URL or a URL like this: http://<computer_name_or_IP_address>:<port>

チームの立ち上げと運営に役立つ情報を以下に挙げます。

トラブルシューティング

Jira のインストールで問題が生じていますか?
  • If your web browser window shows an error the first time you try to access Jira , wait for 30 seconds or so and then refresh the page.
  • コマンドプロンプトウィンドウをすぐに閉じると JAVA_HOME 変数が正しく設定されない場合があります。

 詳細は、ナレッジベースの「インストールのトラブルシューティング」を参照してください。  

最終更新日: 2021 年 10 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.