Atlassian Access の請求について

このページは公式ドキュメント Atlassian Access の請求の管理 の説明を補うためのドキュメントとなります。公式ドキュメントと差異がある場合、公式ドキュメントが最新の情報となります。

Atlassian Access の請求対象外ポリシーの設定方法

認証ポリシーを使用すると、組織内のさまざまなユーザーセットに対して認証設定を指定することができます。Atlassian Access のサブスクリプションで、特定のユーザーセットに対して料金を支払いたくない場合に、請求対象外ポリシーを使用できます。請求対象外ポリシーに登録されているメンバーの料金は請求されません。

請求対象外ポリシーは組織につき、1つのみ設定できます。請求対象外ポリシーに所属するメンバーには、以下のセキュリティ設定を行うことはできません。

  • シングルサインオンを適用
  • 2 段階認証を要求する
  • ID プロバイダー (Okta、Azure AD、G Suite など) からポリシーに同期するユーザーを追加

請求対象外ポリシーの設定方法

  1. admin.atlassian.com で適用対象の組織を選択します
  2. 上部ヘッダーより、"セキュリティ"を選択
  3. 左メニューより、"認証ポリシー" を選択
  4. "ポリシーを追加" をクリックし、適当なポリシー名を選択します
  5. 右上の ••• より、"ポリシーを請求対象外にする" をクリックします(右図) 
  6. "ポリシーを請求対象外にする" 通知画面が表示されますので "ポリシーを更新" をクリックします
  7. Atlassian Access の請求対象から外したい(=SSO/2段階認証/同期から外したい)ユーザーを"メンバー追加"画面から、追加します


4. 請求対象外ポリシーの選択

7. 請求対象外設定後のポリシー画面

最終更新日 2021 年 5 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.