プロジェクトのカスタマイズ

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースのセットアップ
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況のトラッキング
  7. 作業の完了
  8. アジャイル プロジェクトをさらに活用する

Jira Software では自分のワークフローに合わせてボードを簡単にカスタマイズできます。このステップでは、自分のソフトウェア開発チーム - Teams In Space をセットアップします。Teams In Space は架空の新しい会社で、旅行会社向けの宇宙旅行を手がけています。  

ユーザーを追加する

メンバーがいないチームはありません。Team in Spaceの開発チームを構成しましょう。チームにはあなた (マネージャー) と 2 名の開発者 (Jenifer と Kevin) がいます。

  1.   > [ユーザー管理] を選択します。
  2. [ユーザー] をクリックします。
  3. [新しいユーザーの作成] 画面で、それぞれのユーザーについて次の詳細情報を入力します。

    氏名メール アドレス
    Jennifer Evans jevans@veryrealemail.com
    Kevin Campbell kcampbell@veryrealemail.com
  4. [ユーザーを作成] をクリックします。

見積もりとトラッキングの設定 

スクラム プロジェクトで真っ先にやらなければいけないことは、 見積もりとトラッキングを構成することです。これは、バックログを作成し、スプリントを実行し、レポートをレビューする際に、チームが抱えている作業量や対応可能な作業量を理解するのに不可欠です。

スクラム チームは、スプリントや課題を完了させるのに必要な作業量をさまざまな方法で計算します。多くのチームは見積もり (バックログの作業量を計測とベロシティの計算に利用される) とトラッキング (スプリント期間中のバーンダウン時間の計測利用される) を分け、それぞれに異なる単位を利用します。たとえば、あるチームは見積もりストーリー ポイントで行い、トラッキングには時間 (1 時間単位)を利用します。

このチュートリアルでは次の手順で説明しているように、Team in Space では見積もりとトラッキングにストーリー ポイントを利用します。

  1. 対象のボードに移動し、[ボード] > [設定] の順にクリックします。

  2. [見積] タブをクリックします。
  3. [見積もり統計] フィールドで [ストーリー ポイント] を選択します。[時間管理] フィールドは [なし] のままにします。

やりました! ユーザーを追加し、見積もりにストーリー ポイントを利用するようにプロジェクトを構成しました。次は、バックログの作業をしましょう。 

最終更新日 2020 年 5 月 7 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.