バーンアップ チャート

バーンアップ チャートは、合計スコープと比較したスプリントの完了済み作業を視覚的に表します。プロジェクトの健全性の維持に役立つ警告や、プロジェクトの進捗に関する解析結果も提供します。このため、スコープ クリープや計画されたプロジェクト パスからの逸脱などの問題を素早く特定できます。


はじめる前に

  • このバーンアップ チャートはスクラム ボードにのみ適用されます。
  • サブタスクのストーリー ポイントは、バーンアップ チャートには含まれません(親タスクのストーリー ポイントのみが含まれます)。

チャートを表示する

  1. [プロジェクト] をクリックし、関連するプロジェクトを選択します。
  2. [レポート] をクリックし、次に [バーンアップ チャート] を選択します。
    • 別のスプリントを選択したり、縦軸に別の測定値を設定したりするには、ドロップダウン メニューをクリックします。




プロジェクト内のスプリントごとにバーンアップ チャートを表示できます。つまり、完了した作業量と残作業量を日次ベースで確認できます。 

バーンアップ チャートを理解する

  • 縦軸は作業量を表し、ストーリー ポイント、課題数、見積もりなど、様々な方法で測定できます。横軸は時間を表します。
  • チャートでは、赤色の作業スコープ線、緑色の完了作業線 (例: 完了したストーリーおよびタスク、解決したインシデント) およびそれに関連する灰色のガイドラインが表示されます。ガイドラインは、目標を達成するために必要な日次の完了量を示す理論線です。チャートでの線と線との間の距離は、残っている作業の量です。プロジェクトが完了すると、線が交わります。
  • 作業スコープのスパイクはマイルストーンに何かが追加されたことを意味します。完了作業のスパイクはストーリーが完了されたことを意味します。この情報は、追加された作業量が多すぎるかどうか、または、作業が見積もった内容よりも複雑だったかどうかなどをふりかえるために必須です。 
  • スコープ クリープを特定するには、「作業スコープ」線を調べます。

Last modified on Mar 12, 2020

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.