課題ビューの設定

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira 課題ビューは、さまざまなシステム課題を説明するカスタム フィールドを表示するように設定できますこのビューは、新しいフィールドの追加、フィールドの削除、または配置の変更によってカスタマイズできます。たとえば、課題の解決状況、優先度、ラベル、セキュリティ レベルなどを表示することをお勧めします。

このページの内容

次のすべての手順を行うには、Jira 管理者またはボード管理者の権限を持つユーザーとしてログインする必要があります。詳細は「権限の概要」をご参照ください。

キー (この例では TIHP-16) を選択することで課題を開くと、課題ビューは次のようになります。

バックログから課題を開くと、課題ビューは次のようになります。

課題ビューのフィールドは、次の 2 つの場所から設定できます。  

それぞれの場所で何ができるか、そして変更が課題ビューのレイアウトにどのような影響を与えるかを見てみましょう。

ボード設定

ボード設定は次のような目的で使用します。

  • 課題ビューにフィールドを追加する。
  • フィールドの位置を変更する。
  • 一部のフィールドを課題ビューから非表示にする。
  • フィールドを、プロジェクトのすべてのボードの課題に追加する。ボードで課題を開く際にフィールドを表示するには、フィールド各ボードのボード設定から追加する必要があります。

ボード設定を通じて課題ビューに追加するフィールドは編集できないため、ご注意ください。次のセクションでは、このリストのフィールドの操作方法とフィールドを編集可能にする方法を説明します。

フィールドの追加、移動、または削除

  1. 対象のボードに移動して、[ボード] > [設定] の順に選択します。


  2. 左側のメニューで [課題の詳細ビュー] を選択します[一般]、[日付]、[ユーザー]、[リンク] のさまざまなフィールドのグループが表示されます。これらのグループに表示されるフィールドが課題ビューを構成しています
  3. 新しいフィールドを追加するには、いずれかのドロップダウン メニューからフィールドを選択して [追加] をクリックします
  4. フィールドを課題ビューから非表示にする場合は、[削除] を選択します。
  5. フィールドの位置を課題ビューで変更するには、垂直グリッド アイコン によってリスト内のフィールドを上下にドラッグ & ドロップします

    [バグ カウント] フィールドが課題ビューに追加されますが、このフィールドは適切な課題画面に追加するまで編集できません

    追加されたフィールドは、ボードまたはバックログから課題を開いた場合にのみ表示されます。フィールドを完全な課題ビューで表示するには、そのフィールドを関連する課題タイプに関連付けて、フィールドが非表示ではないことを確認する必要があります。詳細は次の記事をご確認ください。

ストーリー ポイント vs 元のストーリー ポイント

[ストーリー ポイント] と [元のストーリー ポイント] の各フィールドの違いについて、知っておくべき重要な点が 1 つあります。

[ストーリー ポイント] フィールドは、画面の設定経由でのみ追加できます。そのため、このフィールドは課題が新しいタブで開かれている際にのみ表示されて、ボード上で開いている際は表示されません。ただし、[元のストーリー ポイント] フィールドをボードと画面の両設定で追加できます。つまり、このフィールドは、上の例にある [スプリント] フィールドと同じ方法で管理できます。

その理由と、これらのコンセプトの違いは何でしょうか? Jira では、[ストーリー ポイント] フィールドを課題画面のスキームに追加することでのみ課題ビューに追加できます。

ストーリー ポイントと元のストーリー ポイントの違いは次のとおりです。ストーリー ポイントを見積単位としてプロジェクトで使用している場合は、元のストーリー ポイントを予定している作業における初期の大まかな見積として使用できます。

その後、元のストーリー ポイントを参考にして、作業の詳細な見積を分析して提供できます。つまり、元の見積の精度を実際の見積と比較できるというわけです。

プロジェクト設定

プロジェクト設定には課題画面の設定が含まれます。これは、課題ビューのフィールドがボード設定を通じて追加された場合に、課題ビューのフィールドを編集可能にするために使用できます。  

次の手順に従って追加したフィールドは、完全な課題ビューで利用可能となって編集できるようになります。ただし、フィールドをボード設定で追加するまでは、ボードまたはバックログから開いた課題上にフィールドは表示されません。 

課題画面の設定を開くには、次の手順に従います。 

  1. 画面右上で [管理 ] > [プロジェクト] の順に選択します。
  2. 課題の表示をカスタマイズするプロジェクトを選択します。
  3. [画面] (左側のパネル)選択します。ここには、プロジェクトにある各課題タイプ画面スキームあります
  4. スキーム名をクリックして詳細を展開し、課題ビューに変更を加えます。

追加したフィールドを課題ビューで編集可能にする 

追加したフィールドを編集可能にするには、対応する画面スキームを利用して「課題を表示」画面に追加する必要があります。

  1. 課題を表示」操作の画面スキームを開きます。すべての操作で同じ画面スキームを使用している場合は、変更が他の操作にも複製されます。  
  2. このスキームのフィールド リストを下にスクロールします。ドロップダウン メニューが表示されるので、追加して編集可能にするフィールドを見つけます。  
  3. [追加] を選択します。
  4. 課題を開きます[Bug Count (バグ カウント)] フィールドが編集可能になっているのがわかります。

一部のフィールドは特定の値を持つ必要があるため、画面設定で追加した直後には課題ビューに表示されない場合があります。課題を編集してフィールドの値を更新すると、そのフィールドが完全な課題ビューに表示されます。

次のステップ

(info) お困りですか?  必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。ヘルプの活用を参照ください。

最終更新日 2022 年 7 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.