Jira Software を管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Software のすべての管理機能を利用するには、ユーザーは、Jira 管理者または Jira システム管理者グローバル権限を持っている必要があります。

Jira Software は Jira プラットフォームを基盤としており、機能の多くは「Jira 管理者向けドキュメント」に記載されています。 

Jira Software のインストールとアップグレード

Jira アプリケーションをインストールするか、既存の Jira インストールに Jira アプリケーションを追加する場合は、「Jira アプリケーションのインストール(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。Jira の現在のバージョンをアップグレードしたい場合は、「Jira アプリケーションのアップグレード」(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。


Jira のバックアップ



Jira インスタンスは定期的にバックアップすることをお勧めします。また、Jira を新しいバージョンに アップグレードするときや、インスタンスを複数のサーバーに分割するときなど、予期しないデータ損失/変更をもたらす可能性のあるアクティビティに着手する前にも、バックアップすることをお勧めします。

詳しくは「データをバックアップする(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。


サポートするプラットフォーム

アトラシアンは、サポートするプラットフォーム(ブラウザ、データベース、Javaのプラットフォームなど)を徹底的にテストしていて、またこのプラットフォームに対してサポートを提供しています。お使いの Jira のバージョンに対応した「サポートするプラットフォーム」を利用することを強く推奨します。

詳しくは「Jira がサポートするプラットフォーム(Jira 管理者ドキュメント) を参照してください。

Jira システムの管理

Jira のサーバー管理のページでは、サーバー管理 (検索インデックスの作成、監査ログなど)、グローバル設定 (時間管理、共有フィルターやダッシュボードの管理など)、およびサーバー最適化 (パフォーマンス テスト、セキュリティなど) を網羅しています。

詳しくは「Jira システム管理(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。

権限の概要

Jira Software では、さまざまな機能に対して異なる種類の権限を提供しています。これにより、特定のグループやユーザーに、柔軟に部分的にアプリケーションを制限することが可能になります。例えば、ひとりのユーザーのみにプロジェクトの課題を割り当てる権限を持たせ、他のユーザーには持たせない、などが可能になります。

さらに詳しく:権限の概要

プロジェクトの設定

ここでは、プロジェクトの定義、バージョンとコンポーネントの管理、課題とプロジェクト権限の設定、プロジェクト通知、プロジェクトスキームおよびスクリーンの管理、課題コレクターの使用、ワークフローを使用した作業など、Jira Software のプロジェクト設定方法に関する情報について説明します。

詳しくは「プロジェクトの設定(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。

レイアウトとデザイン

Jira Software のレイアウトとデザインを組織のニーズや好みに合うように構成できます。たとえば、Jira の配色やロゴの変更、既定のダッシュボードの設定、お知らせバナーの表示などが可能です。 

詳しくは「レイアウトとデザイン(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。

最終更新日 2019 年 7 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.