アジャイル プロジェクトをさらに活用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースのセットアップ
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況のトラッキング
  7. 作業の完了
  8. アジャイル プロジェクトをさらに活用する

このページでは、Jira Software の応用的なトピックについて説明します。 

ワークフロー

ワークフローとは、課題がそのライフサイクルの間に通過する一連のステータストランジションです。Jira Software では、ワークフローをチームのニーズに合わせて簡単に作成、編集できます。ワークフローの作成と編集の詳細については、こちらをご参照ください。

サンプル ワークフロー。

開発パネル

Jira Software はさまざまな開発ツールに接続できです。これには、リポジトリ管理、コード レビュー アプリケーション、ビルドおよびデプロイの管理ツールなどがあります。これらのツールはプロジェクトのトラッキングを開発作業と同期させるのに役立ちます。開発ツールとの連携については、こちらをご参照ください。

課題ビューに表示される開発パネル。

  1. 開発パネル

通知

他の Jira ユーザーに課題のリンクをメールで送るには、課題を共有するか、課題の [説明] または [コメント] フィールドで対象のユーザーをメンションします。Jira Software の通知に関する詳細は、「課題の編集とコラボレーション」を参照してください。

課題を他のユーザーと共有します。

カードのカスタマイズ

適切な情報がチームにひと目で伝わるようにボードの課題カードをカスタマイズしましょう。 カードの色を変更すると、ユーザーが特定の課題タイプ、優先度、担当者または JQL ごとにボードのカードを識別するのに役立ちます。カードのカスタマイズの詳細情報についてはこちらを参照してください。

赤線が表示された、ボード上の課題カード。

Confluence 連携

Jira Software インスタンスを Confluence インスタンスにリンクして、Confluence ページを作成してスプリントエピックにリンクさせることができます。たとえば、Confluence にあるスプリント ミーティングの議事録を関連するスプリントに直接リンクできます。これにより、チームがスプリントの情報をすぐに共有できるようになります。プロジェクトを Confluence にリンクする場合の詳細情報については、スプリントまたはエピックをクリックしてください。 

リンクされているページのダイアログ。

ウォールボード

ウォールボードは画面の全面に表示され、プロジェクトの進捗のデータを監視するために利用できます。スタンドアップ ミーティングでチームに情報を共有するのに利用することもできます。ウォールボードにガジェットを追加することも可能です。スプリントのステータス、課題のステータス、残り時間、ビルド ステータスなど、チームに役立つガジェットを設定することをおすすめします。ウォールボードの作成や、Jira Software のその他のガジェットのセットアップ方法については、こちらをご参照ください。

ウォールボードのサンプル。

次のステップ

以上でスタート ガイドは終了です。Jira Software の理解のお役にたてれば幸いです。引き続き Jira Software ユーザー向けスタート ガイドのチュートリアルに進んだり、こちらのドキュメントを参照したり、Atlassian Answers でコミュニティをご確認ください。

前へ

Last modified on Mar 12, 2021

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.