ワークスペースの設定

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースの設定
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況をトラッキングする
  7. 作業を完成させる
  8. アジャイルプロジェクトをさらに進める

Jira Software のワークスペースをセットアップする際、以下のことをする必要があります。

  1. プロジェクトの作成
  2. スクラムボードの参照

Jira Software をまだインストールしていない場合は、Jira アプリケーションのインストールの手順を参照してください。

プロジェクトの作成

Jira Software のプロジェクトは、課題と、ソフトウェアの開発をまとめるツールの集まりです。すべてのプロジェクトは構成可能なボードとワークフローを持ち、これはチームのワークフローに応じて作成およびカスタマイズできます。

  1. Jira インスタンスにログインします。以下のようなシステム ダッシュボードが表示されます。


  2.  プロジェクト > プロジェクトの作成を選択し、 プロジェクトの種別を選択します。一般的にはイテレーションプランニングのために「スクラムソフトウェア開発」を選択するか、制約ベースのタスク管理のために「かんばんソフトウェア開発」を選択します  
    このチュートリアルでは、多くのソフトウェア開発者がアジャイルプロジェクトでスクラム組むため、スクラムを利用します。
  3. [スクラム ソフトウェア開発 ] > [次へ] を選択します


  4. 名前のフィールドにはTeams in Spaceを入力します。 
  5.  送信 をクリックして、新しいプロジェクトを作成します。

自分のスクラムボードを見る 

新しいプロジェクトではスクラムボードが自動的に生成されます。スクラムボードで、新しい機能やバグなどの課題について参照したり作業したりします。スクラムボード上でバックログ・アクティブスプリント・レポーティングを通じて 課題を参照し、編集し、トラッキングをすることができます 心配はいりません。これら3つについては、この先で説明をしていきます。

このようなスクラムボードが見えるはずです :

これで Jira Software のインターフェースの基本を確認し、最初のプロジェクトを作成することができました。先に進んでカスタマイズを行いましょう。

  次へ

最終更新日 2019 年 5 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.