スクラム プロジェクトでスプリントを実行する

スプリント  イテレーション としても知られ、 たとえば、開発チームが作業中のマイルストーン バージョンなど、個々のアプリケーション インクリメントを実装、提供する短い期間のことです。以前にスプリントを実行していない場合は、各スプリント期間を2週間固定で使用することをお勧めします。タスクの達成には十分な期間ですが、チームが定常フィードバックを得るには不十分な期間です。

注意:スプリントはカンバンプロジェクトには適用されません。

Jira Software では、ボードでスプリントを確認し、課題にスプリントを割り当てます。今後のスプリントの課題は、JQL (スプリントフィールド)で検索ができます。また、課題に含まれるので、個々の課題でもスプリントフィールドの閲覧ができます。 

スプリントの実行についての詳細は、以下のトピックをお読みください:

  • スプリントの作成、変更、スプリントへの課題追加、スプリントの開始を行う方法については、スプリントを計画するを参照してください。
  • アクティブなスプリントやウォールボード、レポートの使用方法、さらに進行中のスプリントのトラッキング方法を知るには、スプリントの進捗状況を監視するを参照してください。
  • スプリントのクローズ方法や、レポートなど関連するタスクの完了方法については、スプリントを完了するを参照してください。
  • 既にクローズされたスプリントを再オープンする方法を学習するには、「スプリントの再オープン」を参照してください。
  • スプリントに Confluence ページ (「ふりかえりメモ」など) をリンクする方法を確認するには、「スプリントに Confluence ページをリンクする」を参照してください。
最終更新日 2019 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.