課題をランク付けをする

課題にランクを付けて、スプリント内のタスクをより効果的に整理してみましょう。課題をランク付けすることによって、実は相対的な重要度や緊急性に応じて課題を整理していることになります。たとえば、「高」優先度の課題が 2 つあるとします。JIRA ソフトウェアのランク付けによって、この 2 つの課題のうち、他より優先度が高い、または高くランク付けされるのはどちらか選択できます。

課題にランクを付けると、現在の列とスイムレーン内の相対的な優先度も変更されます。

課題をランク付けするには:

  1. 課題をドラッグアンドドロップし、スクラムまたはカンバン バックログ内の上または下、またはアクティブなスプリントやカンバン ボードの列に移動させます。


    スクリーンショット :バックログ内で課題をドラッグアンドドロップする


    スクリーンショット :アクティブなスプリントの列に課題をドラッ​​グアンドドロップする

     

ヒントとメモ:

  • キーボードショートカット 「 s 」 + 「 b 」を押して、課題を現在の列の一番下へ移動し、「 s 」 + 「 t 」で一番上へ移動します。
  • 複数の課題をバックログの上または下に移動できます。「 Shift キー」または「 Ctrl キー」キーを押しながら、課題を選択して右クリックし、次にバックログの一番上またはバックログの一番下を選択します。
  • ランクを付けた課題にサブタスクがある場合、サブタスクはすべて課題とともに自動的に移動します。
  • サブタスク課題のランク付けは、「兄弟」課題と関連付けてのみ行うことができます。

(info)  注意:

  • ランク付けが有効になっている場合にのみ、課題のランク付けができます — ランク付けを有効にするを参照してください。
  • ボードの上または下へ移動させたい課題の「課題のスケジュール作成」および「課題の編集」権限を持っている場合にのみ、課題にランクを付けることができます。

関連ページ

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.