バックログを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロジェクトのセットアップとシステムの設定は完了しました。次に、チームが作業する課題のバックログを作成します。 

バックログとは単純に、製品やサービス、プロジェクトのための機能リストです。これらの機能とは、詳細な仕様のことではありません。通常は、特定のユーザーから見た機能性の要約を、ユーザー ストーリーの形式で記述します。ユーザー ストーリーのよくある形として、"<ユーザー立場>として、<自身のメリットを実現する>ために<要望>を実現してほしい" があります。たとえば、"開発者として、自身の進捗を表示するために、スプリント中に課題トラッカーで自身のチケットに時間を記録したい" などが考えられます。

「バックログの作成」に関するトピックを検索:

スクラム プロジェクトでバックログを作成する

スクラムでは、優先順位を持つバックログを用意することが非常に重要です。これは、優先度が高い項目を次のスプリントに含める必要があるためです。

スクラムボードのバックログは、この管理に役に立つよう設計されています。課題をすぐにボードに追加、更新、ランク付けしてバックログを作成できます。作業を開始するときは、ドラッグ&ドロップのように、課題をバックログからスプリントにプッシュします。

詳細: プラン モードの使用

カンバン プロジェクトでバックログを作成する

カンバンでもバックログに優先順位をつける必要があります。優先度が高い項目にチームで素早く対応できるためです。

カンバン ボードのバックログ列では、課題の追加、ランク付け、カテゴリー分類が簡単にできます。例えば、スイムレーンでは優先度高の課題をまとめ、可視化し、残りの課題は手動でランク付けができます。

カンバン ボードの最初の列でバックログの管理が困難になった場合は、カンバン バックログを使用することを検討する必要があります。

詳細: 「カンバン プロジェクトで作業を監視する」および「カンバン バックログを使用する

バックログを作成済みですか?

次: 新しいバージョンを計画する

プロジェクトのライフサイクル

  新しいプロジェクト   バックログ    新しいバージョン    作業    リリース    レポート

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.