課題をトランジションする

はじめる前に

ボード上の列に課題をトランジションするには、先に JIRA 管理者またはボード管理者が、ボードの列にワークフローステータスをマッピングしておく必要があります。マッピングの設定に関する詳細については、「列を設定する」を参照してください。また、列がマッピングされている JIRA ワークフローのステータスに課題を移動するプロジェクト権限を持っている場合しか、課題をトランジションできません。

JIRA Software は JIRA ワークフロー設定を尊重し、 課題をトランジションさせると、JIRA ワークフローの認証、条件、機能、通知すべてをトリガーします。(詳細については、ワークフローを参照してください。)しかし、ボードは現在、課題を自動割り当てしていないことにご注意ください。

課題をボード上の別の JIRA ワークフローステータスにトランジションさせるには:

  1. 目的のボードに移動します。
  2. アクティブ スプリント(スクラム ボード)またはカンバン ボード(カンバン ボード)では、課題をある列から別の列へとドラッグ アンド ドロップしてトランジションします。
    課題をドラッグし始めたときに、背景が青色に変わる列にしか課題をトランジションできません。課題を対象の列の上に重ねると、背景が青から緑に変わります。
  3. 対象の列が 1 つ以上のステータスと関連付けられている場合、課題をその列の上に重ねると、各ステータスは破線の枠が付いた別々のセクションとして表示されます。課題を列のセクションの上にドロップすると、適切なステータスへのトランジションが完了します。
  4. ワークフローのトランジションステータスを示すダイアログボックスが開いたら、フォームを送信する前にすべての必須フィールド (赤い米印が付いたフィールド) に入力する必要があります。

サブタスクを持つ課題をトランジションする場合

課題にサブタスクがあり、すべてのサブタスクが完了している場合、課題自体を解決する必要があります。最後のサブタスクを「完了」列へ移動させると、JIRA Software から、親課題も移動させるよう求められます。またはネイティブ JIRA Software でサブタスクを解決した場合、次回アクティブなスプリントページを開いたときに、親課題にボタンが表示されます。

複数の課題をトランジションする場合

次の条件に応じて、複数の課題をバックログからプロジェクトのワークフローの次の状態へ移行することができます。

  • 課題のトランジション権限が付与されている。
  • 課題のステータスは、すでにボードのコラムにマッピングされている。
  • プロジェクトのワークフローでは、複数の課題選択と、全てのトランジション条件が満たされるように特定のトランジションをサポートしています。
  • トランジションをする課題には、トランジションの同じセットがある。
  • トランジションをする課題に、関連するトランジション画面はない。
  • 課題をクリックしながら、Shift または Ctrlキーを押して、複数の課題を選択できます。しかし、複数の課題を別の列へドラッグして、トランジションさせることはできません。複数の問題を移動できるのは同じ列内だけです。

最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.