アジャイル プロジェクトをさらに活用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースのセットアップ
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況のトラッキング
  7. 作業の完了
  8. アジャイル プロジェクトをさらに活用する

JIRA Software をマスターしたいですか?一歩進んだトピックを記載しましたのでご覧ください。 

ワークフロー

ワークフローとは、課題がそのライフサイクルの間に通過する一連のステータストランジションです。JIRA Software なら、ワークフローをチームのニーズに合わせて簡単に作成、編集できます。ワークフローの作成と編集に関する詳細情報については、 ここから参照してください。

開発パネル

JIRA Software は様々な種類の開発ツールに接続することが可能です。例えばリポジトリ管理やコードレビューアプリケーション、そしてビルドやデプロイ管理ツール等です。これらのツールはプロジェクトのトラッキングを開発の作業と同期させるのに役立ちます。ここをクリックして開発ツールについての情報をご覧ください。

  1. 開発パネル

通知

他の JIRA ユーザーに課題へのリンクを送るには課題の共有を行うか、課題の説明やコメント欄でメンションを行います。JIRA Software の通知に関する詳細については、「課題の編集とコラボレーション」をご覧ください。

カードのカスタマイズ

適切な情報がチームにひと目で伝わるようにボードの課題カードをカスタマイズしましょう。 カードの色を変更すると、ユーザーが特定の課題タイプ、優先度、担当者または JQL ごとにボードのカードを識別するのに役立ちます。カードのカスタマイズの詳細情報についてはこちらを参照してください。

Confluence 連携

JIRA Software インスタンスをConfluence インスタンスにリンクさせ、Confluence ページを作成し、スプリント とエピックページを スプリント と エピック にリンクさせることができます。 たとえば、Confluence でスプリントのミーティング議事録を関連するスプリントに直接リンクしたりできます。 これにより、チームのメンバーがスプリントに関する情報をすぐに共有できるようになります。 Confluence プロジェクトにリンクさせる際の詳細情報については、スプリントまたはエピックをクリックしてください。 

ウォールボード

ウォールボードは壁紙の上で動作し、プロジェクトの進捗のリアルタイムのデータを確認するのに利用できます。スタンドアップミーティングの間にチームに情報を共有するのに利用することもできます。ウォールボードにガジェットを追加することも可能です。課題の状態や残り時間やビルドステータスが含まれているスプリントの状態を表示させるガジェットなど、チームにとってそのガジェットが有用であることを確認してください。こちらで、ウォールボードの作成と JIRA Software の他のガジェットを設定のための詳細な情報をご覧いただけます。

次のステップ

以上でスタートガイドは終了です。こちらが JIRA Software を理解するのにお役にたてれば幸いです。 JIRA Software ユーザー向けスタートガイドのチュートリアルを続けてトレーニングすることもできますしこちらのドキュメントを参照したり、Atlassian Answersを訪れてさらに情報を得ることもできます。

前へ

最終更新日 2018 年 3 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.