テキスト フィールドの検索構文

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、テキスト フ​​ィールドを検索するための構文について説明します。これは、クイック検索、ベーシック検索、詳細検索で使用できます。

summary~"windows*" のように CONTAINS (~) 演算子が使用されている場合、テキスト検索で詳細検索を使用できます。サポートされているフィールドで検索する場合、クイック検索やベーシック検索でもテキストを検索できます。

謝辞:JIRA ではテキストのインデックス作成に、豊富なクエリ言語を提供する Apache Lucene を使用しています。このページに記載する情報の多くは、Lucene ドキュメントの Query Parser Syntax ページをもとにしています。

このページの内容:

クエリ用語

クエリは、用語演算子から構成されます。用語には 2 種類あります: 単一用語フレーズです。

単一用語とは、"test" や " hello" などの単一の単語です。

フレーズとは、"hello dolly" など、二重引用符で囲まれた単語のグループです。

複数の用語をブール演算子と組み合わせてより複雑なクエリを作成することもできます (下記参照)。ブール演算子を指定せずに複数の用語を組み合わせる場合、用語はAND 演算子を使用して結合されます。

注意:JIRA では、すべてのクエリ用語の大文字と小文字を区別しません。

用語の修飾子

JIRA では、幅広い検索オプションを提供するために、クエリ用語の修飾がサポートされています。

ワイルドカード検索: ? および *

JIRA は、単一文字および複数文字のワイルドカード検索に対応しています。

単一文字のワイルドカード検索には、"?" 記号を使用します。

複数文字のワイルドカード検索には、"*" 記号を使用します。

ワイルドカード文字は引用符で囲む必要があります。これは、これらの文字が詳細検索の予約文字であるためです。次のように引用符を使用します。summary ~ "cha?k and che*"

単一文字のワイルドカード検索では、単一文字部分を置き換える形で一致する用語が検索されます。たとえば、"text" または "test" を検索するには、次のように使用します。

te?t

複数文字のワイルドカード検索は、0 個以上の文字を検索します。たとえば、WindowsWin95 または WindowsNT を検索するには、次のように検索します。

win*

用語の途中でワイルドカード検索を使用することも可能です。たとえば、Win95 または Windows95 を検索するには、次のように検索します。

wi*95

* または ? 記号を検索の先頭文字として使用することはできません。この機能リクエストについては、JRA-6218 を参照してください。

あいまい検索: ~

JIRA supports fuzzy searches. To do a fuzzy search, use the tilde, "~", symbol at the end of a single word term. For example, to search for a term similar in spelling to "roam", use the fuzzy search:

roam~

この検索では、foam や roams などの単語が検索されます。

注意: あいまい検索で見つかった用語は、自動的にブースト係数 0.2 を取得します。

近接検索

JIRA supports finding words that are within a specific distance away. To do a proximity search, use the tilde, "~", symbol at the end of a phrase. For example, to search for "atlassian" and "jira" within 10 words of each other in a document, use the search:

"atlassian jira"~10

用語のブースト: ^

JIRA では、検索された用語をもとにして、一致したドキュメントの関連度が設定されます。用語を格上げするには、検索語の末尾にキャレット "^" 記号とブースト係数(数値)を付けます。ブースト係数が高いほど、用語の関連度が高くなります。

ブーストを使用することで、ドキュメントの関連性を制御できます。たとえば、次の用語を検索する場合を考えます。

atlassian jira

この "atlassian" という用語の関連度を高めたい場合、用語の横にブースト係数と ^ 記号を付けてブーストさせます。次のように入力します。

atlassian^4 jira

これで、atlassian という用語が含まれるドキュメントの関連性が高くなります。次の例のように、フレーズ用語もブーストできます:

"atlassian jira"^4 querying

既定では、ブースト係数は 1 です。ブースト係数には正の数を指定する必要がありますが、1 より小さい数値も使用できます (0.2 など)。

ブール演算子

ブール演算子を使用すると、複数の用語を論理演算子で組み合わせることができます。JIRA では、ブール演算子として AND、"+"、OR、NOT、"-" がサポートされています。

ブール演算子はすべて大文字にする必要があります。

または

OR 演算子は既定の結合演算子です。つまり、2 つの用語間にブール演算子が存在しない場合、OR 演算子が使用されます。OR 演算子は 2 つの用語をリンクし、いずれかの用語を含むドキュメントが見つかった場合は一致するドキュメントを返します。これは和集合に相当します。単語 OR の代わりに、|| 記号を使用することもできます。

"atlassian jira" または "confluence" を含むドキュメントを検索するには、次のクエリを使用します。

"atlassian jira" || confluence

または

"atlassian jira" OR confluence

AND

AND 演算子は、1 つのドキュメントのテキストに両方の用語が存在する場合に、一致するドキュメントを返します。これは論理積に相当します。単語 AND の代わりに、記号 && を使用することもできます。

"atlassian jira" および "issue tracking" を含むドキュメントを検索するには、次のクエリを使用します。

"atlassian jira" AND "issue tracking"

必須用語: +

"+"(必須演算子)は、単一ドキュメントのフィールド内のどこかに "+" 記号に続く用語が存在しなければならないことを意味します。

"jira" を必ず含み、"atlassian" を任意で含むドキュメントを検索するには、次のクエリを使用します。

+jira atlassian

NOT

NOT 演算子は、NOT に続く単語を含むドキュメントを除外します。これは差集合に相当します。単語 NOT の代わりに、記号 ! を使用することもできます。

"atlassian jira" を含むが、"japan" は含まないドキュメントを検索するには、次のクエリを使用します。

"atlassian jira" NOT "japan"

注意: NOT 演算子は、1 つの用語のみで使用することはできません。たとえば、次の検索では、結果は返されません。

NOT "atlassian jira"

複数のフィールドに対して NOT 演算子を使用すると、指定した除外用語を含む結果が返される可能性があります。これは、検索クエリが各フィールドで順に実行され、各フィールドの結果セットが結合されて、最終的な結果セットとなるためです。したがって、1 つのフィールドで検索クエリが一致したが、別のフィールドでは不一致となった課題は、検索結果セットに含まれることになります。

除外用語: -

"-" は禁止演算子とも呼ばれ、"-" 記号に続く単語を含むドキュメントを除外します。

"atlassian jira" を含むが、"japan" は含まないドキュメントを検索するには、次のクエリを使用します。

"atlassian jira" -japan

グループ化

JIRA では、サブクエリを形成する句をグループ化するために括弧を使用できます。これは、クエリでブール論理を制御する場合に非常に役立ちます。

bugsatlassian または jira を検索するには、次のクエリを使用します。

bugs AND (atlassian OR jira)

これにより曖昧さがなくなり、bugs を必ず含み、atlassian または jira のいずれかのを含む検索を確実に行うことができます。

検索クエリの先頭にグループ化文字の「(」を使用しないでください。これはエラーを返します。たとえば、"(atlassian OR jira) AND bugs" は使用できません。

特殊文字のエスケープ: \ または \\

JIRA では、クエリ構文中で特殊文字をエスケープすることで、課題の特殊文字を検索する機能をサポートしています。以下は、このような特殊文字の現行のリストです。

+ - & | ! ( ) { } [ ] ^ ~ * ? \ :

これらの文字をエスケープするには、特殊文字の前にバックスラッシュ文字 "\" を入力します (詳細検索を使用している場合、特殊文字の前に 2 つのバックスラッシュ "\\" を入力します)。

例えば (1+1) の検索をベーシック検索またはクイック検索で行う場合、次のクエリを利用します。

 \(1\+1\) 

and to search for [example] in the summary of an advanced search (in JIRA Query Language or JQL), use the query:

summary ~ "\\[example\\]"

注意: 高度な検索を使用する場合、 Jira クエリ言語でこのような文字をエスケープする方法については、予約文字を参照してください。

予約語

JIRA の検索インデックスのサイズと検索パフォーマンスを最適に保つため、以下の英語の予約語 (「ストップワード」ともいう) は、検索インデックスから無視されます。JIRA のテキスト検索の予約語は次のとおりです。

"a", "and", "are", "as", "at", "be", "but", "by", "for", "if", "in", "into", "is", "it", "no", "not", "of", "on", "or", "such", "that", "the", "their", "then", "there", "these", "they", "this", "to", "was", "will", "with"

これは予期しない結果を招くことがある可能性にご注意ください。たとえば、1 つの課題に "VSX will crash" というテキスト フレーズが含まれ、別の課題には "VSX will not crash" というフレーズが含まれているとします。"VSX will crash" のテキスト検索では、これら両方の課題が検索結果として返されます。これは、単語 "will" および "not" が予約語リストに含まれているためです。

(info) JIRA 管理者は JIRA インデックスをこうした予約語に設定できます(これにより、JIRA はこれらの単語の存在を前提にして課題を検索します)。これを行うには、 インデックス用言語 を その他 ( 管理 > システム > 一般設定)に変更します。

単語の語幹抽出

Jira では単語の一部を含む課題の検索はできませんが (下記参照)、単語の "語幹抽出" を使用すれば、単語の特定の形との完全一致ではなく、その単語の語幹を基にした検索で課題を取得できます。語幹抽出された単語を基にした検索で取得される課題の数は通常、多くなります。これは、同じ語感に由来する単語を含む他の課題も、検索結果として取得されるためです。

たとえば、サマリフィールドでクエリ用語「customize」を使って課題を検索する場合、JIRA はこの単語の語根形「custom」を抽出し、「custom」に由来する単語がサマリ フィールドに含まれている課題をすべて取得します。したがって、クエリは次のようになります:

summary ~ "customize"

要約フィールドに次の単語を含む課題が検索されます。

  • customized
  • customizing
  • customs
  • customer
  • など。

(info) 注意:

  • JIRA 管理者は単語の語幹抽出を無効化できます(これにより、JIRA は完全に一致する単語を基にして課題を検索します)。これを行うには、 インデックス用言語その他管理 > システム > 一般設定)に変更します。
  • 単語の語幹抽出はすべての JIRA フィールド (およびテキスト フィールド) に適用されます。
  • JIRA によりそのフィールドのインデックスが作成される場合、語根に「由来する」すべての単語は、JIRA の検索インデックスに語根の形でのみ保管されます。

制限事項

JIRA の検索には次の制限が適用されますので注意してください。

単語レベルの一致のみ

JIRA では、単語の一部を含む課題の検索はできず、単語全体への一致のみサポートされています。ただし、語幹抽出される単語は例外です。

この制限は、あいまい検索の使用にも影響しません。

次のステップ

関連トピックをご確認ください。

最終更新日 2018 年 7 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.