JIRA Software ユーザー スタートガイド

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

JIRA Software のプロジェクトにようこそ! このチュートリアルでは、 課題を見つけ、自分にアサインし、完了させるためのプロジェクトと簡単なワークフローについて一通り紹介します。このチュートリアルが終わるまでには、簡単なワークフローを通して、JIRA Software ユーザーとして次のステップを完了することになります。

課題の検索

通常、開発の管理者はすでにスクラムまたはかんばんプロジェクトを作成しており、バックログに課題が作成されているはずです。プロジェクトを参照するには様々なナビゲーションがありますが、一番簡単に情報にアクセスできるのはボードを利用することです。ボードは1つまたはそれ以上のプロジェクトからの課題を表示します。ボードは作業の参照、管理、レビューのための柔軟なやり方を提供します。このステップでは、一般的に作業する必要がある課題をスクラムプロジェクトのボードのアクティブスプリントの中でどうやって見つけるかを説明します。

  1. トップのメニューから ボードを選択し、ドロップダウンリストから1つのボードを選択します。
  2. アクティブなスプリントを選択して、選択したボードのスプリント内の課題を表示します。 
  3. ボードのアクティブ スプリントには、課題が課題カードとして表示されます。カードで課題キー、担当者、説明等の大まかな情報を簡単に確認できます。To Do 列の 1 番目のカードにカーソルを合わせ、In Progress 列にドラッグします。これによって課題が自分にアサインされ、作業を開始できます。
     

課題に対する作業

課題を "In Progresss(進行中)" に移動させることは、課題についての作業が開始されたことを意味します。この段階では、自分に課題をアサインする必要があり、それによってチームの全員が誰がそれについて作業をしているか知ることになります。また課題についていくつかの技術的な詳細を追加したいことがあるかと思います。作業中の課題に対してより多くの情報を提供することはチームメンバーにとってとても有用なことです。

  1. ボード内のアクティブスプリントで、In Progress (進行中) 絡むにある課題を選択します。課題の詳細ビューにその課題が表示されます。
  2. 課題の詳細ビューで 設定(...)ドロップダウンから編集を選択します。"課題の編集"ダイアログが表示されます。
  3. もし課題がまだ自分にアサインされていない場合、担当者フィールドに自分の名前を入力してください。
  4. 必要であれば技術亭な詳細情報を追加してください。コンポーネントやバージョンを指定したり(もしそのプロジェクトにコンポーネントやバージョンが指定されていればですが)、必要に応じて添付ファイルを追加してもいいでしょう。
  5. 技術情報を追加したら、更新ボタンをクリックします。

チームとのコラボレーション

課題について作業している間、情報を共有したり、要件を明確にしたり、詳細についてチームメンバーと議論する必要があるでしょう。課題のコメントを利用するとそれが簡単に行えます。

  1. コメントを追加する課題を選択します。
  2. 課題詳細ビューでコメントボタンを見つけてクリックします。 
  3. コメントテキストボックスにコメントを入力します。 
  4. コメントをメールで他のユーザーに送信するにはコメントテキストボックスで、単にそのユーザーをメンション (「@ユーザーの名前」を入力) します。メールは、JIRA アカウントで登録されているそのユーザーのメールアドレスに送信されます。
  5. 追加ボタンをクリックしてコメントを保存します。

ブランチの作成

自分に課題をアサインし、技術的な詳細情報を入力すると、コーディング準備の完了です。課題について作業する際、ブランチを作成することをお勧めします。これによって、自分だけの作業の流れを持つことができ、チームの作業に干渉しません。またマスターブランチにマージされる前にあなたの変更がレビューされることを確実にします。

JIRA Softwareはコードホスティングやリポジトリ管理ツール、Bitbucket CloudBitbucket Serverと連携させることができます。これによって JIRAの中から直接コードを開き、協業し、ソースの管理をすることが可能になります。アプリケーションを統合することで、あなたやチームは、課題から直接ブランチを作成したり、課題を選択してコーディングを行うような速いワークフローを提供します。

ブランチを作成する前に、チームが利用しているソースリポジトリのブランチの使い方について知っておく必要があります(これらについてはBitbucket Cloud ガイド, Bitbucket Server ガイドを別途ご覧ください)。

  1. ブランチ作成対象の課題を選択します。
  2. 課題詳細ビューで、開発パネルを見つけ、ブランチを作成をクリックします。ブランチを作成ダイアログが表示されます。
  3. ブランチ名に課題キーを含めます。ワークフロートリガーを設定した場合、課題のステータスは自動的に「進行中」にトランジションすることがあります。詳細は、「ワークフロートリガーの設定」を参照してください。
  4. 必要に応じて、ブランチについてその他の詳細を入力します。
  5. ブランチを作成ボタンをクリックします。ソースリポジトリにブランチが作成されます。

コーディングの開始

今、新しいブランチを作成しました。これで自分の変更がマスターブランチに影響を及ぼすことを心配なくコーディングを開始できます。必ず、作業している課題の課題キーを追加してください。開発の作業で課題キーを参照する際、統合された開発ツールは関連する課題へのリンクを相互に保持します。

  1. 新しいブランチを作成したソースリポジトリに移動し、新しいブランチにアクセスします。
  2. 新しいブランチで、必要に応じてコードまたは修正を実装します。

レビューへ作業を送信

リポジトリにプッシュした変更について、プルリクエストを使用してチームメートに伝えます。プルリクエストが送信されると、チームはレビュー、変更に関する話し合い、またはフォローアップ コミットのプッシュを行うことができます。

  1. 開発パネルにあるブランチをクリックすると、ソフトウェア構成管理 (SCM) にある、リンクされたブランチのリンクが、Jira Software のダイアログに表示されます。2 つ以上の SCM にリンクしている場合、各 SCM アプリ (例: Bitbucket Server) に対して 1 つのタブが表示されます。ブランチはこれらのタブで、各 SCM で分類されます。
  2. リポジトリまたはブランチをクリックし、関連リポジトリまたはブランチでリンク付き SCM を開きます。
  3. プルリクエストステータス (MERGEDなど) の上にマウスポインターを置き、 プルリクエストへのリンクを表示するポップアップを表示します。
  4. プルリクエストを作成をクリックしてブランチのプルリクエストを作成します (ブランチをマスターにマージして戻すため)。
  5. プルリクエストのタイトルに課題キーを含めます。ワークフロートリガーを設定した場合、課題のステータスは自動的に「レビュー中」にトランジションすることがあります。詳細は、「ワークフロートリガーの設定」を参照してください。

作業の完了

作業のレビューを行い、マスターブランチとマージした後、最期のステップで行うのは課題を解決し、クローズすることです。

  1. ボード上のアクティブなスプリントにある課題カードを選択します。
  2. カードを完了列にドラッグアンドドロップします。ワークフロートリガーを設定した場合、課題のステータスは自動的に「クローズ」にトランジションすることがあります。以降の手順は省略できます。詳細は、「ワークフロートリガーの設定」を参照してください。
  3. ドロップダウン メニューから課題の [解決状況] を選択します。

  4. 必要に応じて詳細を入力します。
  5. 課題のクローズを選択します。

 

よく出来ました!JIRA Software を使ってシンプルなワークフローをうまく一通り行いました。 

課題の管理や JIRA Software のカスタマイズ等をうまくやるには下にある "上級者向けの情報" ボタンをクリックしてください。

上級者向けの情報

最終更新日 2017 年 9 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.