ボードとは

ボードを作成する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ボードには一つ、また複数のプロジェクトの課題が表示され、作業中の課題を柔軟に表示、管理およびレポートできます。JIRA Software では2種類のボードがあります。

  • スクラム ボードスプリントで作業を計画するチームのためのものです。
  • カンバン ボード — 進行中の作業を管理したり強制したりすることに重点をおいて取り組むチームのためのものです。

他の人が作成したボードを使用することもできますし、自分でボードを作ることもできます。ー 好きなだけボードの作成が可能です。一つのプロジェクトに複数のボードを連携したり、選択すればスクラムボードとかんばんボードを組み合わせて利用することも可能です。

ボードにアクセスする

  1. ボード (ヘッダー上)をクリックし、希望のボードを選択します。
  2.  プロジェクトのサイドバーで、作業するものの一つをクリックする。
  • バックログアクティブなスプリントまたはレポート。スクラムボードを使用している場合はこちらが表示されます。
  • カンバン ボードバックログ*、またはレポート。カンバン ボードを使用している場合はこちらが表示されます。

* カンバン ボードには、デフォルトで表示される個別のバックログがありません。バックログ ビューは、カンバン バックログが有効な場合にのみ利用可能です。

スクラムボード

バックログ

スクラムボード上のバックログではプロジェクトでバックログとスプリントにまとめられた課題を表示します。スクラム バックログでは、課題の作成、更新、ドラッグとドロップでランク付け、またスプリント、エピックやバージョンの設定、エピックの管理など、他にもいろいろ可能です。通常は課題のバックログの構築、新しいバージョン計画やスプリントの計画設計に利用されます。

アクティブなスプリント

スクラムボードのアクティブなスプリントではチームで現在進行中の課題を表示します。課題の作成、更新、ワークフローの遷移をドラッグとドロップで可能です。

レポート

レポートの作成はプロジェクトを通して可能なアクティビティです。 JIRA Software ではプロジェクトやバージョン、エピック、スプリント、また課題についてなどの情報を元にさまざまなレポート作成が可能です。

カンバンボード

バックログ

デフォルトでは、カンバン ボードには、チームの作業を計画するためのバックログ列があります。列に課題が追加されるにつれて、小さな列での作業の計画は難しくなります。カンバン バックログ有効化して使用することで、課題を作成およびランク付けするための大きなスペースを用意し、ここでチームが着手する課題を選択できます。

カンバンボード

かんばんボード は"かんばん"の事前設定によって作成されたボードです。(ボードを作成するを参照ください)

かんばんの作業は継続的デリバリーに基づいています。イテレーションの計画よりも作業進行を継続的にモニタリングし、進行中のタスクを常に監視します。これにより、タスクが完了すると、また新しいタスクが進行タスクとして引き抜かれます。

チームの作業進行や制約の管理に重点をおく場合はかんばんボードを利用するといいでしょう。

レポート

レポートは、プロジェクトを通して実施するアクティビティです。JIRA Software にはプロジェクト、バージョン、エピック、スプリント、課題などの情報を表示する様々なレポートがあります。

課題詳細ビューを使用する

スクラムで作業を行うか、カンバン ボードで作業を行うかにかかわらず、課題をクリックして詳細を表示することができます。

  1. 選択されている課題
  2. 課題詳細ビュー

課題詳細ビューの「詳細」タブをカスタマイズして追加フィールドを表示できます。例えば、課題の解決状況、環境、セキュリティレベル、カスタムフィールドなどを表示できます。詳細については、「課題詳細ビューの設定」を参照してください。

プロジェクトサイドバーを使用する

プロジェクトサイドバーはプロジェクトに関わるどんなことでもあるワンストップショップです。プロジェクトサイドバーのどのタブをクリックしても進行中のプロジェクトの情報のコンテンツを開きます。アジャイルプロジェクトで作業中としましょう。今プロジェクトはスクラムボードで進行中です。サイドバーのバックログをクリックすると、バックログを表示します。そこでは課題、ストーリー、エピックや他の情報の詳細も確認できます。

  1. インスタント フィルター(バックログのみ): 課題概要の一部を入力して、一致するものを検索し、バックログに表示します。
  2. クイック フィルター: フィルターを選択し、自分に割り当てられている課題や最近更新された課題のみを素早く表示します。
  3. ボード ドロップダウン: 現在のボードを作成、設定、またはコピーします。

クロスプロジェクトボードを使用する

クロスプロジェクトボードは一つの JIRA Software プロジェクトに限られたことではありません。つまり、ボードに設定されたフィルターはJIRA Software ではないプロジェクトのものでも複数のプロジェクトでもいいのです。クロスプロジェクトボードに移動する方法とボードのプロジェクトのサイドバーに表示されるナビゲーションでは、単一の JIRA Software プロジェクトのボードと比較すると異なります。

プロジェクトとボードを交差するナビゲーションには2通りあります。

ヘッダーのプロジェクトから

プロジェクト(ヘッダー上)から移動する場合、クロスプロジェクトのボードを選択するとプロジェクトのサイドバーでプロジェクトの中心的なオプションを表示します。課題リンクとプロジェクトショートカットと同様です。 

スクリーンショット: プロジェクトサイドバー (プロジェクトメニューからボードに移動)

ヘッダーのボードから

ヘッダーのボードから移動する場合、クロスプロジェクトのボードを選択すると、プロジェクトサイドバーはプロジェクトの中心的機能は表示しない。課題リンクとプロジェクトショートカットと同様です。

JIRA Software ではクロスプロジェクトボードのためにプロジェクトのコンテキストを決定することはできません。

スクリーンショット:プロジェクトサイドバー (ボードのメニューから移動)

従って、プロジェクトメニューよりクロスプロジェクトボードに移動することをお勧めします。

次のステップ

(info) お困りですか?  必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。ヘルプの活用を参照ください。

関連トピックをご確認ください。 

最終更新日 2017 年 8 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.