簡易ワークフローを使用する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

すべての ボードには 1 つ以上のプロジェクトが表示されます。しかし、簡易ワークフローは、ボードに 1 つのプロジェクトが表示されている場合にしか使用できません。すべてのプロジェクトはJIRA ワークフローまたは簡易ワークフローのいずれかを使用して、あるステータスから別のステータスへの課題のトランジションを管理します。ワークフローによって、どのステータスが使用可能かが決まります。

プロジェクトの作成の一部としてボードの作成がされた場合、簡易ワークフローが適用されています。(JIRA Software 入門も参照ください)

このページの内容:

はじめる前に

ボードを簡易ワークフローに切り替えるには、 JIRA 管理者またはボード管理者でなければなりません

簡易ワークフローを使用するメリット 

簡易ワークフローは、次の点で JIRA ワークフローよりメリットがあります:

簡易ワークフロー JIRA ワークフロー
  • 3 つの スクラムボード用の既定手順: 作業前、進行中、完了
  • 4 つの カンバンボード用の既定手順:バックログ、開発選択、進行中、完了
  • ボードで必要なステップが通常より多い(例:既定の JIRA ワークフロー を参照 )
  • 列間で課題を自由にドラッグできる
  • ワークフローに " 条件 " があり、すべての列間で課題を自由にドラッグすることはできない。
  • トランジション時に画面を表示しない – すべてのトランジションは即座に実行される。
  • 課題が「成功」列にトランジションされると、解決状況を自動的に「完了」に設定する。すなわち、ステータスは成功列にマッピングされている。 (列の設定を参照)。
  • 課題の解決課題のクローズ課題の再オープンの画面を表示する
  • ボード上のプロジェクトのプロジェクト管理者である場合、ボードの設定により編集が可能(列の設定ページの新しいステータスの追加を参照)。
  • ワークフローの設定によってのみ編集が可能。詳細については、ワークフローを参照してください。
ワークフローのステップ、トランジション、条件の詳細については、ワークフローを参照してください。

簡易ワークフローへの切り替え

ボードが簡易ワークフローを使用しているか、どうすればわかりますか?

これを確認するには、ボードの設定を表示します。(下に説明) - 簡易ワークフローを使用している場合は、「簡易ワークフロー使用中」と表示されます(スクリーンショット参照)。簡易ワークフローを使用していない場合は、「ワークフローを簡易化する」ボタンまたは「簡易ワークフロー利用不可」の文字が表示されます。

プロジェクトが現在 JIRA ワークフローを使用している場合、簡易ワークフローに切り替えることができます。その場合は、JIRA ソフトウェア内から新しいステータスを簡単に追加できます。注意:簡易ワークフローの既定のステップ(上の表で説明)は、JIRA ワークフローから切り替えた時には作成されません。代わりに、既存のワークフローのステップが簡易ワークフローで使用されます。既定のステップは、JIRA ソフトウェアでボードとプロジェクトを作成する際に、簡易ワークフローを選択した場合にしか作成されません。

プロジェクトの前提条件

以下のすべてを満たしている場合のみ、簡易ワークフローに切り替えることができます:

  • 1 つのプロジェクトしかボードに表示されていない場合(これを確かめるには、ボードのフィルターを見てください)
  • プロジェクトが JIRA ワークフロー スキームを使用し、そのスキームではすべての課題タイプに 1 つのワークフローしか使用されていない場合
  • アトラシアンによって提供されている事後操作、検証、条件(いずれもアドオンでの提供なし)だけがワークフローで使用されている場合
  • 既存のワークフローでは、ステータスごとに少なくとも 1 つのアウトトランジションがある場合

簡易ワークフローに切り替える手順は、次のとおりです:

  1. 始める前にJIRAデータのバックアップをとりましょう。データのバックアップを参照ください。(JIRA 管理者向けドキュメント)
    簡易ワークフローへの切り替えはプロジェクトのすべての課題を新しいワークフローに移行することになりますので、少々お時間がかかる場合があります。プロジェクトの元のワークフローとスキームは変更されません。従ってそのワークフローを使用している他のプロジェクトには影響はありません。

  2. 希望のボードに移動し、ボード>設定をクリックします。
  3. タブをクリックします。

  4. 下の最初のスクリーンショットに示すように、簡易ワークフローボタンをクリックしてください。このボタンが表示されない場合は、プロジェクトが上記の前提条件を満たしているか確認してください。

  5. 下の 2 番目のスクリーンショットに示すように、プロジェクトが簡易ワークフロー使用に切り替わります。ステータス追加ボタンが表示されます。

スクリーンショット:’ボードの設定’画面 ('列'のタブ ) ー このボードは簡易ワークフローは使用していません。

スクリーンショット:'ボードの設定'画面 ('列'のタブ ) ーこのボードは簡易ワークフローを使用しています。

次のステップ

(info) お困りですか?  必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。ヘルプの活用を参照ください。

  • 列のその他の設定方法(例: ステータスを列にマッピングする)は、「列の設定」を参照してください。
  • 他の列への課題の移動方法については、課題を移動するを参照してください。
  • ボードのフィルターを確認する方法はフィルターの設定 を参照してください。
最終更新日: 2016 年 2 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.