権限の概要

JIRA Software を管理する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このページでは、JIRA アプリケーションで設定できる権限の種類について説明します。

権限とは

権限とは、JIRA アプリケーション内でユーザーが何を参照したり実施することができるかの設定です。すべてのJIRAのアプリケーションでは、ユーザーが新しいプロジェクトを作成できるかどうか、ユーザーが特定のタイプの課題コメントを参照できるかどうか、といった様々な権限を設定できます。これらの権限は、アプリケーション間で異なるものを設定することができます。

権限とアプリケーションアクセスは違います。後者はアプリケーションを利用できるアクセスを持っているグループによって管理されます。詳しくはJIRA アプリケーションへのユーザーのアクセスを管理するを参照してください。

権限の種類

 

JIRA アプリケーションには3つのタイプの権限があり、その範囲は、ハイレベルから、細分レベルに及びます。 

  • グローバル権限 - 個々のプロジェクトではなくアプリケーション全体に適用されます(例えば、アプリケーション内でユーザーが他のユーザーを見ることができるかどうか)。
  • プロジェクト権限 - プロジェクトに適用されるもので、権限スキームによって管理されます。例えば、プロジェクトの課題を参照・作成・編集・担当者に割り当てることができるユーザーを設定します。プロジェクト管理者はユーザーをプロジェクトに割り当てることができますが、プロジェクトの権限スキームをカスタマイズすることはできません。プロジェクトでユーザーが何ができるのか設定するプロジェクトレベルの権限には様々なものがあります。
  • 課題セキュリティ権限 - セキュリティスキームによって管理され、(プロジェクト権限の範囲内で)個々の課題へ参照権限を付与することができます。例えば、課題セキュリティ権限により、プロジェクト管理者と特定のグループのユーザーしか参照できない課題のタイプを設定することができます。

権限はどのように設定されるか?

権限はグループ・プロジェクトロール・課題ロールに対して割り当てることができます。この図はどうやって権限がユーザーに設定されるか説明しています。

権限

権限を設定できるのは誰か?

権限 設定できるユーザー 詳細
グローバル権限

JIRA システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー

グローバル権限を管理する

プロジェクト権限

JIRA システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー

プロジェクト権限を管理する

課題セキュリティ権限

JIRA システム管理者権限を持つユーザー

Adminアクセスを持つグループに所属するユーザー

プロジェクト管理者

課題レベルのセキュリティを設定する

 

ボード権限は、ボード管理権限とボード使用権限の2つの部分に分けることができます。

ボード管理権限者は、例えば、列の変更、カードのカスタマイズなど、ボードの設定を変更する機能を持っています。ボード管理者はグループまたはユーザーに対して割り当てることができます。

詳しくは:ボードを設定する

 

ボード使用権限は、例えば、スプリントの作成、課題へのランキングの付与など、ボードを利用する機能を持っています。ボード使用権限はプロジェクト権限によって設定されます。以下でさらに詳しく説明されます。

権限別 JIRA Software の機能

JIRA ソフトウェア ドキュメントの説明では、ほとんどの設定オプションは、JIRA 管理者、プロジェクト管理者、ボードの管理者のいずれかに限定されています。  

  • JIRA 管理者は、 JIRA 管理者グローバル権限を持つユーザーです。  
  • プロジェクト管理者は、特定のプロジェクトに対するプロジェクト管理権限を持つユーザーです。
    既定では、「プロジェクトの管理」権限は (管理者ロールを通じて) プロジェクトの「管理者」グループに割り当てられます。
    さらに、スプリント関連アクションを実行するには、ユーザーは元のボードのすべてのプロジェクトに対して「スプリントの管理」権限が必要です。元のボードとは、スプリントの作成元のボードです。
  • ボード管理者は、特定のボードの管理者に追加されたユーザーです。
    既定では、ボードの管理者にはボードの作成者が含まれます。

ボード管理

機能 / 機能領域

JIRA
管理者 

プロジェクト
管理者 
ボード管理者 注意
ボードの作成 (tick)

(tick)

(tick) 

ボード (ヘッダーに表示) > ボード管理 からボードを作成した場合、「共有オブジェクト作成」グローバル権限がなければ、ボードを共有できません。

次の方法でボードを作成する場合は、ボードを共有するために「共有オブジェクト作成」グローバル権限を必要としません:

  • プロジェクトを作成する (プロジェクトを作成すると規定のボードが作成されます)
  • JIRA Software で初期設定をする。(プロジェクトを作成するとそのプロジェクトのボードも同時に作成されます)
  • ボードをコピーする場合(コピーしたボードは、元のボードのユーザーと共有されます)
ワークフローを簡素化 (tick)   (tick) ボードもその他の条件を満たす必要があります (「ワークフローの簡素化」を参照)
ステータスの追加 (tick) (warning) (tick)

プロジェクトで現在 Agile 簡易ワークフローを使用していなければなりません。

(ボードの設定を表示するためには)JIRA 管理者またはボード管理者である必要があります。さらに、ボード上にある 1 つのプロジェクトのプロジェクト管理者である必要があります

ステータスの削除 (tick) (warning) (tick)

プロジェクトで現在 Agile 簡易ワークフローを使用していなければなりません。

(ボードの設定を表示するためには)JIRA 管理者またはボード管理者である必要があります。さらに、ボード上にある 1 つのプロジェクトのプロジェクト管理者である必要があります。

他のすべてのボード設定機能 (tick)   (tick)  

ボードの使用権限は、プロジェクト権限に由来するものです。

ボードのフィルター クエリの複雑さによっては、「スプリントの管理」権限をユーザーに設定するときにさらに検討が必要になる場合があります。複雑なフィルターの影響、およびフィルター クエリを簡素化する方法の詳細は、高度なケースでスプリントの管理権限を使用する」を参照してください
機能 許可レベル 注意

バックログ - スプリント

スプリントフッターを移動

スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して)

課題の権限のスケジュール設定および課題の権限の編集

 
課題を動かす (並べ替え/ランク) 課題の権限のスケジュール設定および課題の権限の編集 課題の順序を変更せずにスプリントのフッター内で課題を動かすだけの場合は不要
スプリントの開始

スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して)

バージョンを作成する同様の権限。ボード所有権はここでは役割を果たしません。
スプリントの作成

スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して)

ボードによってクエリされたすべてのプロジェクトの課題を(開始予定の)スプリントが含んでいない場合でも、このアクセ​​ス権は適用されます。
スプリント情報の編集 スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して) バックログでのみ実行可。
スプリントの並べ替え スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して)  
スプリントの削除

スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して)

 
スプリントに課題を追加する 課題の権限のスケジュール設定および課題の権限の編集  
アクティブなスプリント - スプリント
スプリントに課題を追加する 課題の権限のスケジュール設定および課題の権限の編集  
スプリントの完了 スプリントの管理権限 (ボード内のすべてのプロジェクトに対して) アクティブなスプリントでのみ実行可。
スプリントから削除 課題の権限のスケジュール設定および課題の権限の編集  
バックログ - エピック
エピックの作成 課題の作成権限
 
エピックの名前の変更 課題の編集権限
 

エピックのランク付け

課題のスケジュール設定権限  
課題をエピックへ追加する 課題の編集権限
 
エピックから課題を削除する 課題の編集権限
 
バックログ - バージョン
バージョンの作成 プロジェクト管理者権限、または JIRA 管理者権限  
バージョンの編集 プロジェクト管理者権限、または JIRA 管理者権限  
バージョンに課題を追加する 課題の編集権限  
バージョンから課題を削除する 課題の編集権限
 

最終更新日 2017 年 5 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.