将来の計画の最適化

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. チームのための計画
  2. チームボードのカスタマイズ
  3. ストーリーポイントでの見積
  4. チームレポートの分析
  5. 将来の計画の最適化

物事がうまく進行しているとき、ベロシティは安定し、チームは士気が上がっており、プロダクトマネージャーも満足しています。これは、計画を中止すべき時ではありません。

将来の計画を立てる

バーンダウン、レポート、ストーリー見積、スプリントおよびスタンドアップから知り得たあらゆることは、将来のスプリントおよび課題に向けてより良い計画を練るためにいつでも活用できます。チームが変わったり、予算が削減されたり、会社からまったく新しいことに重点を置くよう要求されたとしても、収集されたデータは依然として非常に有益です。

今回学んだことに基づいて次回変更する可能性のある上位項目を以下に挙げます。

高パフォーマンスのチームのためにストーリーポイントを増やす

残余作業がなく常にスプリントを完了する高パフォーマンスのチームは、次のスプリントでポイント数を増加して取り組ませる必要があるかもしれません。しかし、負荷を大きくし過ぎないように注意してください。残余ポイント数なしにスプリントを完了することがほとんどないチームは、自分たちは標準以下だと誤って感じてしまう場合があります。

様々な事柄を変更して別の結果を得る

物事がうまくいっているときは、いつものやり方を変えたいとは思いません。しかし、物事がうまくいかなくなっているときは、様々なことを少し変えてみるとうまくいくことがあります (そうする余裕がある場合に限られます)。たとえば、スプリントで担当を取り換えたり、イノベーションスプリントやバグ修正のみのスプリントなど、別種のスプリントを導入することなどが考えられます。変化はチームを再活性化し、作業も片付きます。

作業内容が多すぎる状態が続く場合、PMと相談する

コミットされたストーリーポイントを達成することに失敗すれば、チームは意気消沈します。理由がわからない場合は特にそうです。PM または課題を報告した担当者と話して見積期間中の詳細を明らかにし、ふりかえり期間に問題点を洗い出します。たとえば、見積が基本情報の欠如のために大きく外れている場合は、対処する必要があります。

「チームとしての見積に関する最大の利点の1つは、製品の構築方法や実施内容を向上させる方法について本当に重要な議論が誘発されることです。」

~ アトラシアンのプロダクトマネージャー

見えないものを忘れない 

スクラムとはすべてチームに関することであり、スプリント中に生じる多くのことです。これらを収集して将来の計画に取り込む必要があります。以下は、初心者が知っておくべきであり、経験者が時々忘れる心得です。

  • 常に、必ずふりかえりを行う。
    ふりかえりはレポートではわからない洞察を提供できます。今後の課題について必ず話し合うようにします。その結果、計画を調整することになる場合もあります。洞察を記録し (Confluence が望ましい)、良かったことについて声を大にして発表してください。
  • パフォーマンスがどの程度なのかチームは当然知っていると決して思い込まない。
    ベロシティレポートは入手可能であり、毎月のチームミーティングでも表示されるからといって、チームが進捗状況を知っているとは限りません。 スクラムリーダーとチームリーダーは言葉でも説明する必要があります。うまくいっていることを直接伝えてもらいたくない人はいません。 
  • 以前に言ったことでも、目的を持って言う。
    スタンドアップや計画は、長い間には多少型どおりの活動になってしまうことがあります。長年一緒に作業してきた経験豊富なチームの場合は特にそうです。リップサービスに終始する儀式にしてしまわないように、参加者は意味のある発言をし、お互いの意見に積極的に耳を傾けるようにします。
ヒント Sketch で作成されました。

追加学習

見積と計画についてさらに詳しく学習する場合は、次のオプションを検討してください。

 

最終更新日: 2015 年 12 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.