バックログの整理

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースの設定
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況をトラッキングする
  7. 作業を完成させる
  8. アジャイルプロジェクトをさらに進める

アジャイルで非常に大事なことは、新しい作業を始める前に定期的にバックログの"手入れ"を行ったり、内容をレビューすることです。

バックログの調整

スプリントを開始する前に、バックログを準備する必要があります。 下記のように簡単にバックログを調整できます。

  • 課題を右クリックし、表示、見積、詳細の追加を行う
  • ドラッグ & ドロップで課題の優先順位をつける
  • 新しい課題を作成する 
  • 課題の詳細ビューで課題を編集する

課題に見積りをつける

ここでバックログにある課題に見積を追加しましょう。これによって、何を完了させることができるかを容易に決定し、チームはスプリントの成功を評価することができるようになります。
  1. Teams in Space のボード上で バックログを選択します。
  2. 画面の左側の課題を選択すると、右側に課題の詳細が表示されます。
  3. 画面の右側にあるそれぞれの課題の 見積のフィールドをクリックし、次の情報を入力します。
Issue 見積
太陽系外への旅行先の拡張 6
火星にローカルオフィスを構築する 2
20 名以上になるようにサポートチームメンバーを追加する 4
旅行プラットフォーム SeeSpaceEZ の次世代のバージョン 3
土星の夏季セールの計画 8
宇宙旅行の代理店と協業しやすくする 16
予約の依頼時に 500 エラーが発生 6
予約可能なフライトのリクエストに現在 5 秒以上かかる 4

バックログの優先順付け

デフォルトではバックログにある課題は追加した順にランク付けがされます。相対的な優先順位に従って、課題のランクを変更することができます。これはバックログにある課題を効率的に整理するのに役立ちます。 

ランク付けによってある課題が他のものより、重要もしくは緊急のものなのかを決定することができます。例えば、両方とも優先順位が 'High' (高い) 2つの異なる課題があるとします。JIRA Software のランク付けにより、ある課題を他の課題より優先度を高く設定することが可能です。

  1. バックログにあるTIS-8 の課題を探します。この課題の優先度は 'Highest' (最高)となっていますので、バックログの一番上にあるべきです。 
  2. TIS-8を選択し、一番上にドラッグします。
  3. TIS-2TIS-5の課題がバックログの2番目と3番目になるよう課題を移動させます。これらの課題は 優先度が 'High' (高) となっていますが TIS-8 ほどは高くはありません。



やりましたね。バックログの整理を完了しました。さあ、スプリントの詳細について計画しましょう。

最終更新日: 2015 年 9 月 13 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.