JIRA Software 入門

JIRA Software は チームが簡単にストーリーの作成や見積を行い、スプリントのバックログを構築し、チームのコミットメントとベロシティを確認し、チームの進捗をレポーティングするためのツールを提供することによってアジャイル開発を強力にサポートするためのツールです。

プロジェクトの完了まで一連の流れを紹介するために、このガイドは2つのチュートリアルを含み、小規模なソフトウェア開発会社での簡単なアジャイルのワークフローの例を示します。このガイドは、利用頻度が高い機能を紹介し、また次世代の宇宙旅行ソフトウェアを改善するための架空のチーム(Team in Space)の例を紹介します。

この簡単なワークフローでは、各メンバーがスプリント内えコンテンツを追加し、課題に取り組む一方、マネージャーはプロジェクトのセットアップと実行を行います。以降のページは、この構成に従い2つのチュートリアルに分かれます。

  • JIRA Software  管理者向けスタートガイド : アジャイルプロジェクトを立ち上げ、運営する管理者向けガイド
  • JIRA Software  ユーザー向けスタートガイド: 課題に取り組み、解決するユーザー向けガイド

JIRA Software ワークフロー

このチュートリアル内でのシンプルなワークフローと設定はスクラムチームを想定しています。よって、ここにあるコンセプトのいくつかは、すべてのチームに適合しない場合があります。  ここでは、管理者とユーザーが スプリントを完了させるためにどう協業するかを説明します。

ロール

一般的に下記のような様々なロールは一般的なアジャイル開発の現場ではよく見られます。管理者は、ユーザー向けチュートリアルだけではなく両方のチュートリアルを完了するのをお勧めします。

JIRA Software  管理者

JIRA Software のインスタンス上で管理者権限をもつユーザーこのロールは通常スクラムマスターや開発マネージャーにあてはまります。 

管理者ができることは・・・
  • JIRA Software のすべての機能を利用する
  • プロジェクトの作成と更新
  • ユーザーの追加と削除
  • スプリントの開始と終 
  • 他のアジャイルタスクを実行

JIRA Software ユーザー

課題に取り組み、解決するユーザー。このロールは通常ソフトウェア開発者にあてはまります。

ユーザーができることは
  • 課題の作成と管理
  • コードレビューのステータスを確認
  • ブランチの作成 (開発ツールとの連携)
最終更新日 2017 年 11 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.