複数の課題を同時に編集する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

いくつかの時点で、同時に複数の問題を変更する必要があるかもしれません。一括操作を行うことで実現できます。

一括操作の中には、制限が設定されているものがあります。たとえば、異なるワークフローを持つ複数の課題を選択した場合、同じワークフローの課題をグループにして、一度に 1 つのグループ単位でトランジションすることしかできません。制限については、該当のセクションで詳しく説明します。

このページの内容:

はじめる前に

必要な権限 - 一括操作を実行するには、適切な プロジェクト固有の権限 とグローバル 一括変更 権限が必要です。たとえば、一括移動 操作を行うには、課題の移動一括変更 の両方の権限が必要です。

一括操作のメール通知を無効にする - 特定の一括操作のメール通知を無効にするには、一括操作ウィザードの 通知の送信チェックボックスを選択解除します。このオプションを使用するには、JIRA 管理者、または選択した課題に関連するすべてのプロジェクトの プロジェクト管理者 である必要があります。  



一括変更ウィザードを利用  - この一括変更ウィザードは一括変更を進めます。どの操作ステップでも、前のステップに戻る時は、左側のメニューにある関連するステップを選択します。 キャンセル を選択すると全体のプロセスを中止します

 

複数課題のトランジション

この一括操作では、複数の課題を 1 つのワークフローによって同時にトランジションできます。トランジションの一括操作は一度に 1 つしか実行できません。また、トランジションを完了するために必要な値をすべて指定する必要があります。たとえば、複数の課題をクローズするためには、解決状況フィールドに完了、修正済み、修正しない、などの値を指定する必要があります。

複数の課題のトランジションの方法
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し次へを選択します。
  4. 課題のトランジションを選択し、次へを選択します。
  5. 利用可能なワークフロー アクションを選択します。使用可能なアクションは、選択した課題(および関連するワークフロー)によって異なります。次へ をクリックします。
  6. トランジションのために必要なフィールドの値を選択し、可能であればメールでの通知を送信したいかを決定します。次へを選択します。
  7. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題を削除

この一括操作では、複数の課題を同時に削除できます。

複数の課題の削除方法
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. 課題の削除を選択し、次へを選択します
  5. 可能な場合は、メール通知を送信したいかどうかを決定します。次へを選択します。
  6. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数の課題の移動

この一括操作では、複数の課題を同時に移動できます。移動する課題をプロジェクトと課題タイプの両方にマッピングする必要があり、このために、課題のステータスとフィールドもマッピングする必要が生じる場合があります。また、サブタスクをマッピングする必要があります。

複数の課題の移動方法
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。

    詳細情報

    一括移動操作は標準課題とサブタスク課題の両方で実行できます。標準課題を別のプロジェクトや課題タイプに移動できるのに対し、サブタスクは課題タイプのみを変更できます。( サブタスクを課題に変換 、およびその逆は可能です。)

    サブタスクとその親タスクの両方を選択して一括移動させることはできません。これは親とサブタスクの関係を変えないためです( すなわち、 サブタスクは常に親課題と同じプロジェクト内に存在します)。選択された親課題のサブタスクも選択されている場合は、サブタスクはすべて自動的に移動対象から除かれます。

    たとえば、 課題 B は課題 A のサブタスクで、A と B の両方を同時に一括移動させたいとします。警告メッセージ (以下を参照) が表示され、課題 A のターゲットプロジェクトと課題タイプを選択するよう求められます。A に新しいプロジェクトを選択すると、課題 A の新しいプロジェクトに基づいて、サブタスクを新しい課題タイプに移動するよう求められます。課題 A のプロジェクトを変更していない場合、サブタスクを移動する必要はありません。

  4. 課題の移動を選択し、次へを選択します。

一括移動操作を行う際、移動の選択をしている課題によっては、追加情報が必要な場合があります。必要となる情報は、次のとおりです:

    1. プロジェクトおよび/あるいは課題タイプを選択する

      詳細情報

      一括移動ウィザードでは最初に、課題の移動先となるプロジェクトおよび課題タイプを選択します。ターゲットプロジェクトや課題タイプによって、ステータスやフィールドの移行に追加手順が必要かどうかが決定します。

      選択した課題は現在のプロジェクトおよび課題タイプによってグループ化されます。それぞれに新しいプロジェクトタイプと課題タイプを選択するか、あるいはすべての標準課題を 1 つのプロジェクトおよび課題タイプへ移動させるかを選択できます。

      (info)注:サブタスクを標準課題タイプへ移動することはできないため、上記はサブタスクには適用されません

    2. サブタスクのプロジェクトおよび/あるいは課題タイプを選択する

      詳細情報

      サブタスク付きの課題を別のプロジェクトへ移動する場合、サブタスクも新しいプロジェクト へ 移動する必要があります。

    3. 無効なステータスのステータスの移行マッピングを選択します。

      詳細情報

      複数の ワークフロー は同時にアクティブに出来るため、選択した課題のコレクションと関連付けられた一部のステータスが、ターゲットワークフローでは無効となる場合があります。この場合、新しいワークフローで無効なステータスを有効なステータスにマッピングする必要があります。

    4. 必須フィールドの値と、無効な値が入ったフィールドを選択する

      詳細情報

      ターゲットプロジェクトおよび課題タイプと関連付けられた フィールド設定スキーム を順守するため、必要なフィールドを更新/追加する必要が生じる場合があります(例:ターゲットプロジェクト内で必要だが、元のプロジェクトにはなかった フィールド)。

      生成する必要がある各フィールドに対し、値を入力するよう求められます。この値は、一緒に一括移動されるすべての課題に適用されます。

      次のフィールドについて、選択可能な値のリストが提供されます:

      • Component
      • 影響バージョン
      • Fix Version (修正バージョン)
      • タイプ「バージョンピッカー」のカスタムフィールド

      一括移動を実行する際、ターゲットプロジェクトでアーカイブされたバージョンを、ターゲットとして選択することはできないので、ご注意ください。課題をアーカイブ済みバージョンへ移動する必要がある場合、最初にターゲットプロジェクトでバージョンを アーカイブ解除 する必要があります。

      フィールドと関連付けられた保持チェックボックスにチェックを付けると、ターゲット宛先で有効な元のフィールド値を保持することができます。たとえば、一部の課題にはすでに有効なカスタムフィールド値が含まれている場合があります。これらの値は保持出来ますが、更新が必要な課題はフィールド更新画面で指定した値を適用します。

      • チェックマークが付いている:可能な場合は元の課題が保持されます。¹フィールドは指定された新しい値に更新されません。
      • チェックマークが付いていない:すべてのフィールドは指定された新しい値に更新されます。

      次のフィールドでは明確なマッピングが必要なため、「保持」チェックボックスは使用できません。

      • Component
      • 影響バージョン
      • Fix Version (修正バージョン)
      • タイプ「バージョンピッカー」のカスタムフィールド
  1. 変更を確認し、操作を完了します。

    詳細情報

    すべての課題に対し、すべて移動パラメーター — 例:ターゲットプロジェクト、ステータスマッピング、フィールド更新 — が指定されている場合、課題に対するすべての変更が移動されることを確認するメッセージが表示されます。該当する場合、次の詳細が表示されます。

    • 課題ターゲット:ターゲットプロジェクトと課題タイプ
    • ワークフロー:ターゲットワークフローと無効なステータスマッピング
    • 更新フィールド:更新が必要なフィールドの新しい値
    • 削除されたフィールド:ターゲットで無効な、削除されるフィールドの値

    課題は、確認ページで確認ボタンを押すまで移動されません。この手順の前に操作を終了した場合、課題は変更されません。


    上記のステップ C と ステップ B はそれぞれ異なるターゲットプロジェクトと課題タイプの組み合わせに対して起こります。

複数課題の編集

この一括操作では、複数の課題を同時に編集できます。一括編集操作ができるかどうかは、課題と変更したいフィールドの性質に依存します。

複数課題の編集方法
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し次へを選択します。
  4. 課題の編集を選択し、次へを選択します。
  5. 利用可能な操作のリストから一括編集操作を選択します(利用できる全オペレーションのリストと利用条件については以下を展開してください)。

    詳細情報

    利用可能な操作

    条件

    変更が影響するバージョン

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている

    割り当ての変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の割り当て」権限を持っている

    コメントの変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題にコメントする」権限を持っている

    コンポーネントの変更

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはコンポーネントがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている

    期限の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題のスケジュール作成」権限を持っている

    バージョンの修正を変更

    • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている

    課題タイプの変更

    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている

    優先度の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている

    報告者の変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「報告者の変更」権限を持っている

    セキュリティレベルの変更

    • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
    • 選択されたすべての課題が、同じ課題レベルセキュリティスキームに割り当てられている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題の編集」権限を持っている
    • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題に対する「課題セキュリティの設定」権限を持っている

    カスタムフィールドの変更

    「カスタムフィールドの変更」操作は次の場合にのみ使用できます:

    • グローバルなカスタムフィールドがあるまたは
    • 課題タイプのカスタムフィールドが存在し、課題はすべてこの特有の課題タイプであるまたは
    • プロジェクトのカスタムフィールドが存在し、課題がすべて同じプロジェクトである

    クローズドされた課題の編集

    • ワークフローで、クローズドされた課題の編集が許可されている必要があります
    スプリントの変更

    Sprint ID を指定する必要があります。

    • この操作はアクティブなスプリントと将来のスプリントにのみ影響します。例:スプリントフィールドを一括編集する際、クローズド/完了したスプリントは含まれません。

    利用できない操作

    このセクションに記載されているフィールドには一括編集操作はありません。これには、代替方法がある、または一括編集の実行が論理的でないなどの理由があります。

    次のシステムフィールドは一括編集を使用できません:

    • 添付ファイル
    • 要約
    • 説明
    • 環境
    • プロジェクト - プロジェクト間で課題を移動させる場合は「一括移動」を使用してください
    • 解決状況 — 課題の解決状況を変更する場合は、「一括ワークフロートランジション」を使用してください
    • 時間管理 フィールド — 元の見積もり、残余見積、消費時間

    次のカスタムフィールドタイプは一括編集を使用できません:

    • インポート ID
    • 読み取り専用のテキスト
  6. トランジションのために必要なフィールドの値を選択し、可能であればメールでの通知を送信したいかを決定します。次へを選択します。
  7. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。

複数課題のウォッチとウォッチの停止

これらの一括操作では、複数の課題に対して、同時にウォッチを開始したり、停止したりすることができます。

複数課題のウォッチの方法
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. 課題のウォッチを選択し、次へを選択します。
  5. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。
複数課題のウォッチを停止する
  1. 必要なフィルターを使用して課題リストを生成します。
  2. ツール > 一括変更を選択します
  3. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。
  4. 課題のウォッチ中止を選択して、次へを選択します。
  5. 一括操作を確認し、問題がなければ確認を選択します。
最終更新日 2017 年 5 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.