バージョンの進捗確認

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

チームでは、スプリントの進捗を監視し、そのイテレーションを順調に進めているでしょう。では、どのようにバージョンの配信が順調か確認するのでしょう?

JIRA Softwareでは、バージョンの進捗を監視するのに使用できる数々のツールを提供しています。早期に問題を発見できるだけでなく、予定どおりバージョンをリリースできる可能性を見極めるのにも役立ちます。

このページの内容:

はじめる前に

  • 本ページの内容は スクラムプロジェクトにのみ適用されます。

リリースハブ

リリースハブは、ある時点のバージョンの作業ステータスを把握するのに役立ちます。バージョンの課題のサマリと詳細をステータスごとにグループ化して表示します。また、JIRA ソフトウェアを開発ツールに接続してあれば、もし開発ツールが JIRA ソフトウェアと同期していない場合、このページで警告します — 例えば、未処理のプルリクエストがある完了課題、ビルドに障害が発生している完了課題、レビューされていないコミットがある完了課題、などに警告を出します。

  1. プロジェクトへ移動します。
  2. リリースをクリックします。> 希望のバージョンで。

詳細: リリースページを使用して、バージョンの進捗状況を確認する

リリースバーンダウン レポート

「リリース バーンダウン」レポートは、バージョン完了に向けてのチームの進捗を把握するのに役立ちます。レポートはチームの(現行バージョンに関する)ベロシティ、スコープ変更が進捗に及ぼす影響、残作業の完了に必要な予測スプリント数などを表示します。

さらに詳しく:リリースバーンダウン

ステータス レポート

Confluence を JIRA Software とリンクしておけば、外部の関係者にステータスレポートを提供する必要があっても、「ステータスレポート」を Confluence で作成して、バージョンの進捗を表示することができます。JIRA レポートブループリント (Confluence ドキュメント) を参照してください。

最終更新日: 2015 年 9 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.