エピックの作業を行う

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

エピックでは、リリースでのパフォーマンス関連の作業など、多くの作業量を必要とします。エピックは基本的に大きな ユーザーストーリーで、いくつかの小さなストーリーに分割できます。エピックが作成されたボードに含まれるプロジェクトが複数である場合、エピックは複数のプロジェクトにまたがることが可能です。  

スプリントとは違い、エピックにおいて、スコープの変更はアジャイル開発において自然なことです。エピックはほぼ必ずスプリントのまとまりを超えて提供されます。チームは開発やカスタマー フィードバックを通してエピックについて学ぶため、ユーザー ストーリーはあとから追加されたり、リリースの時に最適化するために削除されることもあります。

スクラムを使用しているかカンバンを使用しているかに応じて、「スクラム プロジェクトでのエピックの管理」または「カンバン プロジェクトでのエピックの管理」を参照してください。一般に、

スクラム ボードとカンバン ボードで、エピックを表示および設定する方法は同じです。詳細については、「スクラム プロジェクトでのエピックの管理」または「カンバン プロジェクトでのエピックの管理」を参照してください。

このページの内容:

Confluence ページをエピックにリンクする

Jira Software インスタンスを Confluence インスタンスにリンクさせている場合、Confluence ページを作成し、ページをエピックにリンクさせることができます。たとえば、エピックを Confluence 内の仕様書や設計書へリンクさせることも可能です。

さらに詳しく: エピックに Confluence のページをリンクする

次のステップ

(info) お困りですか?  必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。ヘルプの活用を参照ください。

関連トピックをご確認ください。

最終更新日 2019 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.