バックログの作成

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

  1. ワークスペースの設定
  2. プロジェクトのカスタマイズ
  3. バックログの作成
  4. バックログの整理
  5. スプリントの計画
  6. 進捗状況をトラッキングする
  7. 作業を完成させる
  8. アジャイルプロジェクトをさらに進める

バックログはプロジェクトにおいて、未着手の作業を意味するタスクのリストです。通常、プロジェクトはバックログに課題があり、これらをスプリントに追加して、チームが作業を行うことができるようにします。Teams in Space は新しく作成されたプロジェクトなので、バックログには課題はありません。チームのためにいくつか課題を作成しましょう。

ボードにはどうやってアクセスしますか?

もしボードから離れていても、トップのナビゲーションメニューから ボードを選択して、いつでもボードに戻ってくることができます。最近のボードから "Teams in Space" を選択してください。

バックログ

バックログはスプリントを計画するための場所です。ここで新しい課題やサブタスクを作成することができ、バックログの整理を行い、バージョンを作成し、エピックを通じて体系化し、スプリントを開始することができます。

  1. バックログ: バックログ内の現在の課題のリスト
  2. 課題詳細ビュー: 現在選択されている課題の詳細なビュー 

課題の作成

デフォルトではチームメンバーは全員課題を作成することができます。このチュートリアルでは、ここすべてのバックログの課題を作成します。

  1. Teams in Space のボードで, 画面の一番上にある作成を選択します。 



    下記のように各項目を入力します。 * が付いているものは必須入力項目です。 

    • プロジェクト: Teams in Space
    • 課題タイプ:ストーリー
    • 要約: 太陽系外に旅行の行き先を広げる
    • 優先度: 高 
    • 他のフィールドはすべて空白、またはデフォルトのままにします。
  2. 作成をクリックして課題を作成します。課題キー(TIS-1) がこの課題に割り当てられますがこれは、後で課題を検索する際に役に立ちます。




ヒント! [もう 1 つ作成] チェック ボックスを選択すると、Jira Software は課題を作成したあとに、前の課題の情報を含む "課題の作成”画面を新しく表示します。

さらに課題を追加

チームが作業するのに1つの課題だけでは十分ではありません。スプリントを作成し、走らせるためにもっと課題を作成しましょう。前と同じステップで以下の課題を作成しましょう。

Type 要約 優先度
ストーリー 火星にローカルオフィスを構築する High
ストーリー 20 名以上になるようにサポートチームメンバーを追加する High
ストーリー 旅行プラットフォーム SeeSpaceEZ の次世代のバージョン Low
ストーリー 土星の夏季セールの計画 High
ストーリー 宇宙旅行の代理店と協業しやすくする Low
ストーリー 予約の依頼時に 500 エラーが発生 Medium
ストーリー 予約可能なフライトのリクエストに現在 5 秒以上かかる Highest

やりましたね!バックログがすべて設定されました!さあ、 開発者が行う作業の計画をしましょう!

最終更新日 2019 年 1 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.