OAuth のアクセスを許可する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

OAuth アクセス トークンについて

OAuth アクセス トークンによって、次のことが可能になります:

  • 外部の OAuth 準拠の Web アプリケーションまたは Web サイト (別称「コンシューマー」) で Jira ガジェットを使用すること
  • ガジェットに対し、ユーザーと同じ Jira データにアクセスできるよう、アクセス権を供与する。

はじめる前に

Jira 管理者はアプリケーション リンクまたはインスタンスを使用して、Jira と コンシューマーをリンクさせる必要があります。たとえば、Jira ガジェットを Bamboo ホームページに追加するには、まず、Jira 管理者が Bamboo を OAuth コンシューマーとして承認する必要があります。 

このページの内容:

OAuth アクセス トークンの発行

ガジェットがユーザーと同じ Jira データにアクセスできるよう、Jira は OAuth アクセス トークンを発行します。OAuth トークンはガジェット固有です。

  1. コンシューマー上 (Bamboo など) で Jira ガジェットを使用していて、このガジェットによる専用の Jira データへのアクセスが必要な場合、まず Jira にログインするように求められます (まだ Jira にログインしてない場合)。
  2. Jira にログインすると、アクセスのリクエスト メッセージが表示されます。  
  3. OAuth トークンを発行し、ガジェットに Jira データへのアクセス権を供与するには、許可 をクリックします。ガジェットは、トークンを取り消すまで Jira データへアクセスできます。 
  4. 発行したトークンを確認するには、プロファイル > [ツール] > [OAuth アクセス トークンの表示] に移動します。

OAuth アクセス トークンの取り消し

OAuth アクセス トークンを取り消して、Jiraデータへの Jira ガジェットのアクセスを拒否できます。アクセスを取り消すと、ガジェットは Jira インスタンス内の公開データへのみアクセスできます。

  1. 発行したトークンを確認するには、[プロファイル] > [ツール] > [OAuth アクセス トークンの表示] に移動します。
  2. OAuth アクセスを取り消したいアプリケーションの隣で、アクセスを取り消す をクリックします。
  3. この操作について確認を求められる場合があります。その場合は、OK をクリックします。  
  4. ガジェットのアクセス トークンは取り消され、Jira ガジェットは Jira の公開データにのみアクセスできます。
最終更新日 2018 年 7 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.