Jira Software 7.13 Enterprise Release change log

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Jira Software 7.13 is an Enterprise release, and this change log aims to give you an overview of what's changed in the preceding versions. 

About Enterprise releases
We recommend upgrading Jira regularly, however if your organisation's process means you only upgrade about once a year, upgrading to an Enterprise release may be a good option, as it provides continued access to critical security, stability, data integrity and performance issues until this version reaches end of life. 

サポート終了ポリシー

Atlassian supports feature versions for two years after the first major iteration of that version was released. Once a version reaches End of Life, you won't be able to receive support for it. Here are the EOL dates for Jira 7.6 and Jira 7.13.

7.6 2019 年 11 月 14 日

詳細

7.13 2020 年 11 月 28 日

主要な機能

各バージョンで利用できる新機能の概要です。  

All changes are divided according to versions in which they were released, but it doesn't mean you have to upgrade through each version separately. You can go straight from 7.6 to 7.13.

7.7
  • REST API for managing priority schemes
  • New language packs: Italian and Finnish
リリースノート
7.8
  • Quick search that shows instant results, and displays your recent work if you're not searching
  • New language pack: Dutch
リリースノート
7.9
  • Hiding completed issues on Kanban boards to improve performance
  • Searching through version fields with a wildcard
  • Development information available in Advanced Search (JQL)
  • Async cache replication (Jira Data Center)
  • Choosing delimiters when exporting issues to CSV
  • Disabling empty JQL queries to avoid problems with empty filters
  • New events in the audit log: boards and sprints
  • IPv6 for MySQL databases
リリースノート
7.10
  • Jira の新しいフレッシュなデザイン
  • Archiving projects (Jira Data Center)
  • Improvements on the Projects admin page
  • Info about who started or completed a sprint on Sprint Report and Burndown Chart
  • ラベルでの大文字と小文字の違いを無視
リリースノート
7.11
  • IPv6 のサポート
  • New columns on the Projects admin page: Last issue update and Issue count
  • 開発情報を簡易検索で利用可能
リリースノート
7.12
  • Custom fields optimizer (Jira Data Center)
  • カスタム フィールド ページの新しいルックアンドフィール
  • フィルターとダッシュボードの編集権限の共有
  • New compression method used when copying the index between the nodes (Jira Data Center)
  • Ability to disable the Days in column indicator on Kanban boards to improve performance
  • Moving uncompleted issues right into a brand new sprint
リリースノート
7.13
  • Support for AdoptOpenJDK 8
リリースノート

致命的なバグの修正

Every release contains a bunch of bug fixes. Here's all the ones that were deemed critical  severity and fixed since 7.6. 

サポート対象プラットフォームの変更

新しいバージョンのリリースに伴い、プラットフォームのサポートの開始や終了を行っています。ここでは、7.6 以降の変更の概要について説明します。 

7.7

変更なし

サポート対象プラットフォーム
7.8 変更なし サポート対象プラットフォーム
7.9

次の製品のサポートを開始

  • Microsoft SQL Server 2016
サポート対象プラットフォーム
7.10 変更なし サポート対象プラットフォーム
7.11

次の製品のサポートを開始

  • Apache Tomcat 8.5.29 (8.5.6 を置き換え)
サポート対象プラットフォーム
7.12

次の製品のサポートを開始

  • Apache Tomcat 8.5.32 (8.5.29 を置き換え)。Jira 7.12.3 で追加。
サポート対象プラットフォーム
7.13

次の製品のサポートを開始

  • AdoptOpenJDK 8
サポート対象プラットフォーム

テクニカル アップグレード ノート

次の表はアップグレード ノートの概要です。アップグレード前にアップグレード ノートを個別に確認する必要があります。 

7.7

重要な注意事項

  • Jira への Oracle JDBC ドライバの同梱を廃止しました。管理者は Oracle の web サイトからドライバをダウンロードして、Jira インストール ディレクトリ (/lib) にコピーする必要があります。

既知の問題:

  • ジョブ ID の重複の修正により、インスタンスによっては特別な手順 (データベースでインデックスが作成されたかどうかを確認、Jira インスタンスの再起動) が必要になる場合があります。
アップグレード ノート
7.8

重要な注意事項

  • Jira への Oracle JDBC ドライバの同梱を廃止しました。管理者は Oracle の web サイトからドライバをダウンロードして、Jira インストール ディレクトリ (/lib) にコピーする必要があります。
アップグレード ノート
7.9

重要な注意事項

  • Jira Data Center のキャッシュ レプリケーションが非同期に変更されました。特別な操作は不要ですが、変更内容を参照して、各ノードのローカル ホーム ディレクトリに追加でディスク容量が必要かどうかをご確認ください。
アップグレード ノート
7.10 重大な変更はありません。 アップグレード ノート
7.11

重要な注意事項

  • Apache Tomcat を 8.5.29 にアップグレードしました。Tomcat の構成ファイルが変更されている可能性があるため、古いファイルを新しい Jira バージョンにコピーしないようにしてください。詳細についてはアップグレード ノートをご参照ください。
  • IPv6 をサポートしていますが、混合モード (IPv4 + IPv6) を使用することをおすすめします。ご利用のシステムで IPv4 が無効化され、IPv6 しか使用できない場合、Jira 機能の一部を利用できません。
アップグレード ノート
7.12

既知の問題:

  • The upgraded Apache Tomcat server is filtering out special characters in requests, making them fail. You'll need to add properties to the server.xml file that make Tomcat accept special characters. See upgrade notes for details on how to do this.
アップグレード ノート
7.13

重要な注意事項

  • We've added new parameters to the setenv.sh / .bat file. These can be used to configure the JVM code cache, however the default configuration should be optimal for most Jira instances, so no actions are required.
  • Application log output (atlassian-jira.log) is no longer mirrored in the Tomcat log file, catalina.out, to preserve the disk space.
アップグレード ノート

アップグレード手順

You can upgrade to Jira 7.13 Enterprise Release like to any other version. We recommend that you upgrade directly to 7.13, without any intermediary versions. Use one of the following methods:


今すぐアップグレード

最終更新日 2019 年 1 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.